スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ドラゴン太極拳

 

太極元功/太極氣功/Born Invincible
1978年作品

僕の少年時代にTVで放映された郭南宏監督の傑作功夫片です。
当日、新聞のテレビ欄で『ドラゴン太極拳』というタイトルを見つけた時は、「太極拳?うーん・・」と思ったものでした。ご老人達が公園でやっているゆったりした動きのアレを想像し、何かピンとこなかったんですよねー。しかし当時はとにかく功夫映画に飢えており、あまり食指は動かなかったもののとりあえずチャンネルを合わせました。すると想像を遥かに超える面白さにグイグイ引きつけられ大興奮し、翌日学校では一部の間で大きな話題に。校庭にインチキ八卦陣を足でズリズリ描き高笑いする野郎も現れる始末でした。そんな楽しい思い出の詰まった一本なのであります。

長年の修行によって、自分の体を打撃も剣も通じない鋼鉄の体にする技・鐡布杉を身に付けた銀魔王(黄家達)とその相棒・金魔王(羅烈)に師匠の龍飛を殺され道場も潰された龍世家ら門下生。復讐を挑んだ龍世家、金魔王は倒すも銀魔王はやはり強過ぎ返り討ちに。二番弟子の萬山も倒され、残った三番弟子・龍冠武が戦いに向け修行に励むも相手は不死身の体。弱点を見つけない限り勝ち目は無い。果たしてその弱点とは・・・



幼い頃から修行に明け暮れ、超人的な強さを身に付けた銀魔王。
功夫映画屈指の名悪役キャラと言って良いでしょう。



こちらは羅烈扮する金魔王。ノコギリ状の刃を仕込んだトンファーを愛用。
銀魔王程の実力はありません。


龍飛・蘇真平を地獄のツープラトンで倒し、道場の看板も破壊して去る極悪コンビ。


残された龍世家以下門下生は、復讐と道場の再建を誓う。







金魔王をなんとか倒し、銀魔王との闘いに臨んだ龍世家だったが苦しい戦いに。そして銀魔王は遂に奥義 “八卦の術 ”(四門八卦)を出してきた!足で地面に八卦陣を描き、その中心に入る事によって宇宙パワーを吸収し無限の力を得るというもの(適当)で、一度中に入った相手は生きて出られないという恐ろしい技の前に龍世家も敗れ去る。


続いて打倒・銀魔王に名乗りを上げたのが二番弟子の萬山。
早速特訓に入りますが、身に付けた技は誰もが失笑し突っ込んだであろう銀玉飛ばし(笑)
肺活量を極限まで鍛え、口に入れた大きな銀の玉を ポン!と飛ばして攻撃するというもの。
まぁ、発想はユニークですが・・どう考えてもそんなんであの銀魔王さんに勝てる訳が無く、
あっさり撃退されました。一命は取り留めたものの再起不能になり、その後はコーチ的存在に。


上カカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカ♪
銀魔王さんが敵を倒した時に出る、ご満悦の高笑い。かなりのハイトーン。

尼僧の一言アドバイスにより銀魔王の弱点(実はコレ)を掴んだ龍冠武。
修行を積み最終決戦へ。果たして弱点を突き勝利する事は出来るのか?







とにかく面白いの一言。こんなに人気のある傑作が、信じられないことにこれまで国内未ソフト化という悲しい状況。ここのところ以前では考えられなかったようなマイナー作品の嬉しい国内リリースが実現しているという事もあり、本作もそろそろ出してほしいと切に願います。できれば日本語吹き替え付きがいいなぁ。
スポンサーサイト
2009年06月07日 | Comments(3) | Trackback(1) | 功夫

American Ninja The Magnificent

 

American Ninja The Magnificent / 阿羅漢
1986年作品

既存の映画に、頼んでもいない新撮ニンジャ場面をくっつけて無理やり別の映画にしてしまうという素敵な手法でおなじみ 「 IFD 」 の作品でございます。元ネタは、鄭眞化(エルトン・チョン)主演の韓国映画 『 阿羅漢 』。ツギハギ忍者されてしまっている為にストーリーはよく分かりませんが、雄大な自然を舞台にエルトンがハードなアクションを繰り広げるというクンフー映画版 「ランボー」といった感じの作品で、コリアン功夫にしてはスケールの大きい力作です。


オープニングからケバケバしい忍者登場。つか、何だその“ Ninja ” つーロゴは!(笑)


ニンジャパート主演の ピエール・カービー。
『 Zombie vs. Ninja 』,『 Full Metal Ninja 』 等の出演作あり。アクションはそこそこ。


途中から突然坊主頭になるエルトンさん。本作ではクンフーアクションだけではなく
吊り橋や断崖に吊るされたり、トロッコで疾走しながらのバトル等危険なアクションにも
果敢に挑戦しています。


ラスボスの韓鷹(イーグル・ハン)。出番は多くないものの、さすがの存在感。


例のごとく、唐突にニンジャバトルが入る。なるべく手短にお願いします。


武装し、勇ましいマーチに乗って颯爽と敵の元へ乗り込むエルトン。
結構良いシーンです。


弓矢を束で射ってザコ敵をまとめて倒す


中ボス・飛雲との闘い


この人は動きも鋭く、中々いい悪役ですね。


大きく旋回しての蹴りも


飛雲戦で腹を刺されて深手を負ったエルトン、植物の茎で傷口を縫って急場を凌ぎ
最後の戦いへ臨む。


そして韓鷹とのラストバトル




この二人の闘いはやはり迫力があります。


激戦の末、エルトンがイーグルはんを倒して劇終。
アクションの質も高く面白かったです。やっぱり『阿羅漢』全編通して観たいなぁ。



あ、まだ忍者ラストバトルあったんだっけ・・・


このロゴが!(笑) なんかツボだわコレ




拡大したろ


ついでに加工してみた

癲螳螂

 

癲螳螂/The Thundering Mantis
1980年作品

「これは~、カマキリ」 (by 劉家輝) と、懐かしい一言はおいといて・・

先日紹介した 『血海螳螂仇』 と並び、こちらも蟷螂を題材とした功夫映画屈指の怪作です。
『血海~』 はカマキリの化身が人間を襲う(蟷螂拳で)というホラー・サスペンス的な作品でしたが、この 『 癲螳螂 』 の方はと言いますと、最初普通のコメディ功夫かと思いきや・・・クライマックスで突然ゾンビ映画風グロ路線に方向転換してしまうという、これまたとんでもない作品なのです。
主演は梁家仁、そして共に修行する少年役に黄一龍、ラスボスが高雄と 『秘法 睡拳』(1979)の主要キャストで、監督も同じく葉榮祖。クライマックスを除けば、展開も結構似てます。

魚屋で働く主人公・梁家仁は正義感の強い力自慢。ある日、町の屋台主からショバ代をふんだくろうとしているゴロツキ達を懲らしめるが、彼らのボス・馬金谷の怒りを買った。そんな中、町で雑技を見せて生活する少年・黄一龍と知り合い仲良くなる。黄少年の祖父・錢月笙は蟷螂拳の名人で、腕に自信がある梁家仁は早速手合わせを挑むが軽くひねられてしまう。次の日、馬金谷一味が仕返しに来るが、見よう見真似の蟷螂拳を使い蹴散らした。すると、今度はそれに怒った大ボスの高雄が登場。即席蟷螂拳で対抗するも歯が立たず、瀕死の重傷を負い錢月笙の家へ逃げ込む。そして錢月笙と黄一龍の看病によって回復した梁家仁は、錢月笙に弟子入りするのだった。


『 秘法睡拳 』 と似た感じの演舞オープニング


梁家仁の流れるような殺陣は素晴らしいですね~。本作でも、『 識英雄重英雄 』
『 斗え!デブゴン 』 に勝るとも劣らない見事なクンフー・アクションを見せてくれます。


小生意気だけど、なんか憎めないという役どころが持ち味の子役・黄一龍。
柔軟技とアクロバット中心のアクションも中々の物。


珍しい師匠役の錢月笙。頑固ながらも優しい師匠っぷりが良いです。
修行シーンや高雄との一騎打ちで見せたキビキビした功夫アクションが印象に残りました。
流石に腕は確かです。


中盤まではほのぼのムード


三人の厳しくも楽しい修行の日々が続く。


しかし、そんな楽しい日々も長くは続かなかった。梁家仁と黄一龍が町へ出ている間に、高雄が乗り込んで来たのだ。必死に闘う錢月笙だったが遂に力尽きる。その後、梁家仁と黄一龍も捕らえられ拷問を受けることに。拷問は次第に激しさを増し、それでも梁家仁は何とか耐えていたが黄一龍は焼きごてを当てられショック死してしまう。

その時、梁家仁の中で何かが弾けた。

縛られていた縄を難なく引きちぎり脱出すると、奇怪な笑みを浮かながら時に口から泡を吹き痙攣しつつ大暴れする梁家仁。痛みも感じず丸太で殴られてもビクともしない。そして、恐るべき怪力と必殺の蟷螂拳で高雄の手下達を次々ブチ殺していく姿は、もはや人間ではなかった。駆けつけた馬金谷も一蹴りで死亡!残った高雄との闘いになるが、もはや人間の姿をした狂乱カマキリ怪人と化してしまったこの男を止められる者はいなかった。







故・ジャンボ鶴田ばりの痙攣ムーブ等ぶっ飛んだ演技と、キレのある功夫アクションの
融合によって、スゴイものを生み出してしまいました。


高雄と最後の闘い。一番気の毒だったのが高雄です。


高雄の足に喰らいつく梁家仁


死霊のなんとか風になってきました


頭にも・・・


手足をあらぬ方向に捻じ曲げ、最後は背骨をへし折り高雄を殺害した梁家仁。
その死体を引きずる姿は、まさに獲物を捕獲したカマキリといった感じでゾッとしました。


観終わった後、なんとも苦い気分にさせられる一本です。驚愕のクライマックスには賛否あると思われますが、梁家仁の鬼気迫るぶっ飛び演技と蟷螂拳アクションは一見の価値ありかと。
とにもかくにも一度観たら忘れられない作品であることは間違いありません。
2009年05月22日 | Comments(2) | Trackback(0) | 功夫

鬼符身

 

鬼符身/奇門五福將/Five Fighters from Shaolin/Ninja Hunter 2
1984年作品

龍世家(ジャック・ロン)&龍冠武(マーク・ロン)主演の台湾作品です。
“ Ninja Hunter 2 ” という英題がありますが、ストーリーの関連性はありません。 『ニンジャ・ハンター』で強烈な印象を残した、メチャクチャ強くて爆破拳や妖術を使う悪ボス・白眉道士を怪演した龍世家が本作でも同じようなキャラを演じているのと、出演者が結構カブっていることから続編扱いにしたと思われます。アクションの方も、その 『ニンジャ・ハンター』 や 『忍者大戦』 等の羅鋭主演作を彷彿とさせる、ワイヤーや早回しを多用した派手でテンポの速いバトルを展開しています。

恐るべき強さを誇る白眉道士(龍世家)は、少林寺の秘伝書を狙っていた。腕は立つがグータラ僧の龍冠武は、白眉道士に対抗するために下界から常山・江生ら才能のありそうな5人の若者を集めてきて弟子にし、厳しい修行を課す。そして成長した5人と、遂に少林寺へ乗り込んできた白眉道士with 徐忠信・王圻生ら悪の軍団との一大決戦が始まった。


龍世家扮する白眉道士


とにかく強い!鐵布衫の他にも、気功で物を爆破してしまうというスゴ技も身に付けた超人。
このムチャクチャさがたまらんです。やっぱり強い悪役は功夫映画の華ですね。


師匠役の龍冠武。ユーモラスなキャラですが見せる所はしっかり見せます。

弟子の方々

5人のリーダー的存在、ツネやんこと常山。珍しく酔拳風の動きも披露。


武器バトルの名人・江生。五毒時代のキレは無いものの、随所にその片鱗を見せてます。


気のいい力持ち・荊國忠。珍しい大役に奮闘。


左-名前ワカラン。器械体操を取り入れたアクロバティックな動きを見せる。
右-閻浩 。素早い動きで軽功得意。


修行に励む5人


息の合ったバトルを見せる龍世家と龍冠武


5人vs白眉手下達との団体戦開始。目まぐるしく繰り広げられる集団バトルは迫力あり。




荊國忠 vs 馬場の重量級脇役対決


遂に白眉道士登場

白眉さん、いきなり荊國忠を血祭り。常山も健闘空しく敗北。




残った3人で必死に闘うも、白眉さんの前には歯が立たず蹴散らされる。


エース格のツネやんを失い、白眉超人を相手にこの3人では勝てないだろーという厳しい展開。
さぁどうする?


ラスト20分はアクションに次ぐアクションの連続で、質の高い集団バトルが楽しめます。
作品を通しての感想としては、面白いけどなんか残らないなぁ・・と。インパクト強すぎの白眉超人に対し、正義側の顔ぶれは正直物足りなく釣り合いがイマイチという印象。これで羅鋭とか出てたら相当違ったんでしょうが。まぁ、あくまで白眉さんが主役の作品として考えればコレもありなのか。
2009年05月10日 | Comments(2) | Trackback(0) | 功夫

血海螳螂仇

 

血海螳螂仇/Mantis Fists and Tiger Claws of Shaolin
1977年作品

協利電影製作による大怪作にして傑作であります。
主人公が、数奇な運命の下に生まれたヒロインとの出会いから連続猟奇殺人事件に巻き込まれていくというホラー・サスペンス的要素の強い異色功夫片で、色々な意味であっと驚く仰天のクライマックスが用意されています。主演は協利電影を代表するスターの一人で、成家班でも活躍した張午郎。敵のボスに扮するのは、おなじみ石天。どこか憎めない小悪党役が多い彼ですが、本作では非常に珍しいボスキャラを堂々演じてます。

ある町へやってきた旅の男・張午郎。立ち寄った食堂で、何禮男ら地元のゴロツキ達に嫌がらせを受けている店主と娘の賽祝娟を助ける。張午郎が立ち去った後、原っぱへ散歩に出かけた賽祝娟だったが帰り道に何禮男らと出くわしレイプされてしまう。その直後に何禮男らは森の中で全員謎の死を遂げた。何禮男の父で町を仕切る悪党の石天は、張午郎が犯人と疑い命を狙う。その後、賽祝娟は石天の次男にもレイプされ(ひでぇ)、その次男も直後に森の中で無残な死体となって発見された。そして張午郎は石天との決闘に臨むが、一方その頃 残った三男の山怪が賽祝娟嬢をレイプ!(おいおい・・)。事を終えくつろぐ山怪を襲ったのは、緑色の怪物だった。


冒頭、カマキリの生態を紹介する教育ビデオ風アニメが流れ、雌は交尾の後に相手の雄を食い殺してしまうという特異な習性について説明します。この事が物語に大きく関わってくる重要事項なのだということを匂わす秀逸なオープニング。


主演の張午郎

どこか影のある主人公を好演。短刀をクルクル回すポーズが決まってます。



られまくりの賽祝娟嬢。功夫映画の中でも稀に見る悲惨なヒロインですが、なんかイイ。



かなり珍しいボスキャラの石天さん、僕は初めて見ました。
珍しく槍術や功夫等たっぷりアクションを披露しており、これが中々どうして見事な動きなのです。



賽祝娟嬢を犯した相手は、皆謎の変死を遂げる。



ユニークだったのが山怪の必殺技。鋭い刃を沢山付けた甲羅を背負っており、
背面アタックで相手ズタズタというエゲつないバカ攻撃。



その山怪、巨大カマキリに襲われ死亡。このシーン、B級モンスター映画風で良い味出してます。あえてカマキリの腕だけを見せる事によって、観る人の想像を掻き立てる効果があるしアラも見えにくいという上手いやり方です。



張午郎vs石天の一騎打ちは白熱した好勝負。
張午郎の攻撃をヒラりヒラリとかわしまくる石天さんがいつになくカッコいいっす(笑)


作品の性質上、功夫はオマケ的になってもおかしくないのに、手を抜く事無く工夫を凝らした見事な功夫アクションを見せることで、単なるキワモノ映画とは一線を画した良作になったという印象。


バトル後半 張午郎は短刀、石天は槍をそれぞれ手にしてのウエポン戦へ。

そして激闘の末に石天を倒した張午郎は、可哀相な賽祝娟嬢と結婚することに。しかし、賽祝娟には驚くべき秘密が隠されていた・・・結婚式の夜、賽祝娟家を古くから知る人間が賽祝娟出生時の忌まわしい出来事を回想する。ある日、身重である賽祝娟の母が森で昼寝をしていると一匹のカマキリが体内へ侵入してしまった。母は激しく苦しみ続け、やっとの思いで賽祝娟を出産。すると、生まれた賽祝娟の体内から出てきたのはカマキリの死体だった。

実はこの作品、最後に真のラストバトル・張午郎vsカマキリ怪人戦が控えているのですが、個人的には蛇足だったと思います。ここで遂に全貌を現す巨大カマキリ、これが思わず絶句モノの酷いビジュアルでして(あえてキャプ自粛)。もう少しなんとかならなかったんだろか?山怪を襲った場面では良い見せ方してたのに・・つか普通に功夫バトルすんなよカマキリが(笑)おまけに結構キレのある動きしてやんの。こんなんではなく、ホラー映画的な終わり方にすればよかったのではと思うのですが、あくまで功夫片でなければという事なのか・・この辺は賛否あるでしょうねぇ。
2009年05月04日 | Comments(8) | Trackback(0) | 功夫
 | HOME | OLD »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。