スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

蛇猫鶴混形拳



蛇猫鶴混形拳/Lackey and the Lady Tiger
1980年作品

マースこと火星の珍しい主演作です。呉思遠製作、もう一つの『スネーキーモンキー蛇拳』と言ってもいいような作品で、出演者・ロケ地等かなりかぶってます。

主演の火星

多数の功夫映画に脇役出演し、後に成家班に加入。ジャッキーブーム当時は“ジャッキー映画にいつも出てくる良い味出してる人”といった感じで日本でも結構知名度があったように思います。


酒樓のしがない下働き・火星はいつも周りから怒鳴られてばかり。ある日、街でトラブルに巻き込まれたところを男装した娘・恬妞に助けてもらい意気投合する。


もう一人の主役、恬妞(ティエン・ニウ)。中々イキの良いアクションを披露してます


ニウ嬢は蛇鶴拳の使い手で、火星は彼女に功夫を教えてもらう事に





ニウ嬢の祖父で棍術の名人・石堅とも仲良くなった火星、釣りの動きを取り入れた技を習う。



その石堅の命を狙っているのが黄正利。10年前、自分を刑務所へ送った相手である石堅に復讐する機会を独房の中でずっと待っていたのだ。


ようやく出所し、石堅の元へ向かおうとする黄先生を姉の林瑛が必死に制止しバトルに。バレエスタイルの林瑛と足技合戦になるが、黄先生は姉の足をへし折ってしまう。そこへ通り掛かった火星が林瑛を助けようと戦いを挑むが、黄先生の繰り出す投げ技の前に敗北を喫す。


林瑛から「弟の功夫は柔道の投げを取り入れている。破る為には猫に教わりなさい」とのアドバイスを受けた火星は、空中に放り投げられた猫が回転しながら着地する動きにヒントを受け、特訓を開始する。


遂に石堅の元へやってきた黄正利、怨敵に復讐を挑む

黄先生と堂々渡り合う石堅。アクションらしいアクションはあまり見た事が無かったが、機敏な動きに驚いた。


が、歳には勝てず次第に追い詰められピンチに


そこへ火星が登場。最後の闘いが始まった


『酔拳』の鉄心ぽい黄先生





前回敗れた投げ技

にゃんこ先生に習った技で見事着地!


途中からニウ嬢も加勢し激闘を展開






お約束の三段蹴り炸裂

火星と黄正利の一騎打ちは本家『蛇拳』に勝るとも劣らない好勝負だし、途中ニウが加わり息の合った攻撃で黄先生に立ち向かっていく様子も見応えがあって二度おいしい。かなり完成度の高いラストバトルです。




個人的にコメディ功夫映画の中ではトップクラスと言ってもいい良作だと思います。それにしても火星イイなぁ。バネのあるアクロバットを織り交ぜたダイナミックなクンフーアクションは素晴らしく、ジャッキーをも凌ぐのではないかと思わせる場面も。願わくばもっと主演作が観たかった。確かに主役には向かないルックスかもしれないが、親しみ易いナイスキャラだしこの手の映画には合っているような気もするんだけどねぇ。とにかくこんなに良いアクションできるのに勿体無い。
スポンサーサイト
2009年02月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 黄正利

霎眼功夫



霎眼功夫/真假功夫/Instant Kung Fu Man
1977年作品

黄正利、劉忠良が出演しているコメディ功夫映画です。
主演は、『神腿鐵扇功』で黄先生のマジ蹴りを喰らって片目を腫らした痛々しい姿が印象的だった葉飛楊。武術指導は袁和平・袁祥仁・元奎が担当している。


主人公・葉飛楊は少林寺のボンクラ弟子。功夫の腕はからきしだが持ち前の知恵と悪運で、次々と降りかかるピンチをなんとか切り抜けて行く。そうこうしているうちに、世間は彼の事を功夫良だと勘違いし・・といったストーリー。


兄弟子役の劉忠良

お約束ポーズのジョンリュウさん。ゲスト出演ぽい感じで出番は多くないです

冒頭、劉忠良得意の連続右足(だけ)蹴りが炸裂って・・・おや?


あぁっ!? ジョンが左足で蹴った!(クララが立った的なイメージで)
これは珍しい。申し訳程度に出す事はあっても、ここまで続けて左足を使うのはあまり無い。


さて、弱いのに何故か“木人巷”に挑戦する事になった葉飛楊。こ、これは



『少林寺木人拳』そっくり!(BGM ミラクル・ガイ希望)

木人をぶち壊しながら難なく突破する葉飛楊。余りにあっさり出てきたので不審に思った高僧が見に行ってみると、木人の中身はシロアリに喰われボロボロに朽ちていた。内部から破壊するとは・・なんという知能犯よ。


実は葉飛楊には双子の兄(二役)がいて、スゴ腕の盗賊である兄は盗んだお宝をめぐって仲間割れした元相棒の黄正利と遺恨が続いている。


その黄センセ。『蛇拳』ぽい


練習風景


葉飛楊は蛇の動きをヒントに・・これも『蛇拳』ぽい


劉忠良vs黄正利



白熱バトルを繰り広げる二人だが、決着はつかず


ラストバトルは南拳北腿Ⅱラストと同じ場所

黄先生の前になす術無しの葉飛楊


そこへ黄先生を狙う盗賊兄登場(合成)




健闘した葉飛楊兄だったが、黄正利非情の連続攻撃を浴び死亡。残された弟葉飛楊の腕ではとても敵わず追い詰められていく。


しかし奥の手、本物の蛇を使っての蛇拳で逆転


ほぼ勝負が決した状況で突如乱入し、虫の息の黄先生をメッタ蹴りにする兄弟子劉忠良(空気読め)。もう出てこないと思ったら、アンタって人は・・・


袁和平繋がりなのか、かなりジャッキー映画を意識したようなシーンが出てくるのが面白い。アクションは袁兄弟の仕事にしては若干雑な気がしないでもないがそれなりに迫力はある。ジャッキーのいないモンキーシリーズと言ってもいいような楽しい作品です。
2008年12月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | 黄正利

迷拳三十六招

 

迷拳三十六招/36 Deadly Styles
1979年作品

今回も黄正利出演作を。
『少林寺への道』、『ドラゴン太極拳』、『虎豹龍蛇鷹絶拳』等々でお馴染み郭南宏監督の珍作でございます。ジャッキー映画風の作品に、追加撮影したっぽい龍冠武(マーク・ロン)と龍世家(ジャック・ロン)のほぼ本編に関係のない対決シーンを無理やりくっつけたツギハギ映画で、そのためストーリーは滅茶苦茶。ちなみに本編の登場人物達と龍冠武・龍世家は一度も顔を合わせないという困った作品なのだが、問題はそれだけではなかったりする・・


さて、黄先生登場ですが・・

遠っ!!




ぬゎんとニセモノ。全て不自然な後ろ向きアングル。袁小田じゃないんだから。一応足技を使っているが全く動きが違う。せめて似せなさい。この後ずっと黄正利の登場場面は吹き替え。なんなんだこの映画。


主演の張力。アクションはそこそこだが、のっぺりしたお顔立ちのためかどうも迫力に欠け印象に残らない。


黄先生の舎弟役で出演のボロやん(楊斯)。奇怪なドレッドヘア姿


寺を舞台に繰り広げられるコメディクンフー、そして時折入るニセ黄正利のありがたくないファイトシーンはかなりつまらない出来であります。


そして一時間経過


おぉ本物キター!随分遅かったじゃないですか。しょうもないニセモノ見せられ続けたせいか、やたらカッコ良く見える(笑)

早速挨拶代わりの一発!






ボロやんと黄センセの2ショット



後半、唐突に始まる龍冠武(左)vs龍世家(右)


良くも悪くもベタな功夫バトルを延々と展開。龍世家が勝利するが、あと出てきません(相打ちで死んだっぽい)



師匠・樊梅生の元で修行を積んだ張力、黄正利と畑でのラストバトル




黄先生のアクションは特に見どころ無し。やっつけ仕事なんだろな


形勢不利の張力。ワラをぼんぼん燃やして黄センセの目をくらます


焼き畑農業?



なんだかなぁ・・酷いわコレ。
もうコメント特にありません。
ただ、ヤマンバ風黄先生はちとカッコいい(笑)
2008年11月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | 黄正利

広東館小和子

 

広東館小和子/Duel of The Ultimate Weapons/Soh Hwa-ja of Guangdong Hall
1983年作品

黄正利出演の韓国作品。
『酔拳』等のジャッキー作品に影響を受けたような功夫映画だが、その割に全体的に暗く(ついでにDVDの画質も暗い)爽快感が無い。


顔に大きな傷の黄先生


鬼の形相


颯爽と旅する黄先生。達人を見つけては倒してまわる


この人が主役の劉小田(多分)



アクションは荒削りながら中々エネルギッシュで悪くない。テコンドー主体なのだが、型の修行シーンでは功夫っぽい動きも見せるなど結構奮闘している。しかし存在感・スター性は皆無で線も細く、その辺の功夫映画好きの素人を連れてきたといった感じなのが残念。


黄正利に父親を殺された主人公、小和子なる流浪の達人に弟子入りする

蘇化子のパクリキャラ?小和子。愛嬌、ね~~。演じる俳優の名は小和子さん。まんまじゃねーか。劉小田(多分)さんも小和子さんも全く情報が無く、出演作はコレしか見つかりません。本作だけの芸名かもしれないのでアレですが・・・


ジャッキー映画っぽい修行シーン

修行を終えた主人公、黄正利と最終決戦へ



連続蹴りがビシビシ炸裂


この一見ザコキャラの主人公と黄先生とではやはり格が違う感じ。画的にも釣り合いが取れていないためイマイチ緊張感が伝わらない。




一方的に蹴りまくられていた主人公だが、突然反撃を開始すると黄先生はたちまちグロッキーに。なんか不自然な展開で乗れず。

フィニッシュはサモハン風ドロップキック


う~ん・・・

黄先生は冒頭から蹴りまくりでファイトシーンも多いという事もあり、初見時には結構面白いという感想を持ったが、時間が経ち久々に観たら上記の色々なアラが見えてきてキツかった。作品としてはかなり厳しい出来で、あくまで黄マニア向けの作品といえそう。
2008年11月04日 | Comments(0) | Trackback(0) | 黄正利

Ninja Terminator

 

Ninja Terminator 1985年作品
スターフェリー不請客/The Uninvited Guest of the Star Ferry  1984年作品

悪名高き?「IFD」のニコイチ作品。
既存の作品にニンジャ場面を無理やりくっつけて一本の作品にしたものだ。元になっているのは、『忍者門殺手』でちょっとファンになった林子虎(ジャック・ラム/前園真聖似)主演の『スターフェリー不請客』という韓国作品で、悪役で黄正利も出演している。


今回は短髪のゾノさん


こちらはちと韓流スター風


同じく林子虎主演のIFDニコイチ作品『Ninja Champion』では見せ場も無く作品として見ても酷い出来だったが、本作では変幻自在の足技がたっぷり見られる。この人の高速後ろ回し蹴りはスゴイ切れ味だ。


ストーリーは、“ゴールデン・ニンジャ・ウォリアー”なる像をめぐる忍者同士の争いというもの。正直どーでもいいニンジャパートには、この手の作品ではお馴染みのリチャード・ハリソンが出演。


途中途中、唐突にニンジャパートが入る

ニンジャはもう沢山でござる


インパクト強い悪役の人

卑怯だわコレ(笑)


センセイ黄登場!

ちょ、せ・・先生!?何を血迷ったんですかー
それにしても・・元作品ではどういうキャラ設定だったんだろか?


ラストは林子虎vs黄正利の一騎打ち(見たかった!)

ズラ取って変身






一進一退の攻防が続く。あまり殺陣の工夫は感じられないものの、実力派蹴撃手同士の蹴り合いは見ていて圧倒される。

押され気味だった林子虎、砂に埋まって動けなくなった(おーい)黄正利に渾身の一撃!激闘を制したのは林子虎だった。
            
         
 終 劇



・・・と思ったら忍者ラストバトルが始まった。「ブゥ~~~!!」(ブーイング)もーいいよ!やめやめ。ちなみに赤ニンジャは高飛です。

ヌルいラストバトルが終わり、今度こそ  終 劇
ニンジャパート以外は結構面白いコリアンアクション映画だった。ゾノさんの足技は見事だし、黄先生は出番は少ないがラストバトルでは蹴りまくっている。個人的には、林子虎vs黄正利のキック対決が見れたので満足です。これ、元の作品観たいなぁ。
2008年06月23日 | Comments(0) | Trackback(0) | 黄正利
 | HOME | OLD »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。