スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

盲龍唖虎

 

盲龍唖虎/Warrior Of Kung Fu/Fierce Dragon
1979年作品


カサノバ・ウォンが盲目の武術家を演じている異色の韓国作品です。幼い頃、悪人の金珠に父親を殺害され、自らも目を潰されて盲目となってしまったカサノバが生き別れになっていた弟と再会し、共に敵を討つというストーリー。


カサノバの弟役・郭武星。こちらは口がきけない。金珠にノドを潰されたような描写があったが声を出す事はできて、「アオォ~ン」と狼のように月に向かって吠えたりします。



仇役の金珠。今回も溢れんばかりの目ヂカラでございます





初めは兄弟である事を知らずに対立するカサノバと郭武星。二人の対決シーンは中盤の見せ場


ようやくお互いが生き別れた兄弟だと気付き、再会を喜び合う二人


「わが弟よ━━!!」


「アオォ~~~ン!」


・・・・・・・・・・・。

感動シーンのはずなのだが・・なんかシュールな映像になっちゃってます。


クライマックスは雪原での戦い





雪で足元がやわらかくなっているという事もあって、皆跳んだり跳ねたり転がったり。まるで雪の校庭ではしゃぎ回る子供達のようだ(笑)

ラスボス金珠が登場









苦戦するカサノバの元へ郭武星が助っ人に駆けつけた




兄弟パワーで遂に復讐を果たす


主人公カサノバの座頭市を意識したようなキャラがちょっと中途半端で、“とりあえず目をつぶってみました”で終わってしまっているのが残念。しかしスピーディーな立ち回りはさすがの出来で楽しめました。印象に残ったのが郭武星で、野生児っぽいキャラが結構ハマっており存在感を見せてます。アクションも、キレはそれほど感じられないものの中々。この作品を見るまでは、キャラが弱くパッとしないという印象を持ってましたが、本作での活躍は嬉しい誤算?といった感じでした。
スポンサーサイト

四大猛龍

 

四大猛龍/The Mighty Four/Four Brave Dragons
1977年作品

カサノバ・ウォン主演の韓国作品。
幼い頃、悪徳役人の張莽に両親を殺されたカサノバが父の友人である楊威の下で武術の修行に励み、仇を討つといった感じのストーリー。この作品のカサノバは終始悲壮感を漂わせまくりで、しかも序盤は弱く何かとボロボロにされるという悲惨な主人公を熱演している。




ラスボスは、韓国作品ではお馴染みの張莽


その手下の三悪人(南忠一・鄭眞化・郭武星)にボコられるカサノバ


極悪人ルックスの鄭眞化(右)と、ここでも存在感の薄い郭武星(左)


修行の日々





いきなり強くなったカサノバ、再び三悪人と対決



坊主頭の悪エルトン。気のいい兄ちゃんの面影無し

三人の前に再び苦戦のカサノバだったが、必殺の通天老虎蹴り(何かいい呼び方無いかねぇ・・)が炸裂!たちまち三人まとめてブッ倒した。


続いて、仇である張莽とのバトル







クライマックスはあの技だ!
g


出たー!デブゴン10蹴り(これも何か良い呼び方無いかねぇ・・)『デブゴン10』の時程の飛距離は無いが、この捻りっぷりは凄い。功夫映画屈指の必殺技です。

後半カサノバは蹴りの乱れ撃ち状態なのだが、ちと雑でキレも今ひとつなのが残念。やっぱりこの人は殺陣次第で随分変わってしまうなぁ。その殺陣は酷く、同じ蹴りを何度も何度も繰り返したりしてイライラする場面も。それでも、バトルは悪役の張莽&鄭眞化ら三人の力量が比較的しっかりしているのでそれなりに見られるし、最後は大技のデブゴン10蹴りで締めてくれるのでノバマニアだったら楽しめると思います・・多分。

俺の名はサンダリ

 

俺の名はサンダリ/Strike Of Thunderkick Tiger/My Name is 'Twin Legs'
1981年作品

カサノバ・ウォンが出演しているコリアンアクション。
金鉱で鉱夫として働くカサノバらが、強奪した金塊を巡って争いを繰り広げるといったストーリー。主人公のクールな一匹狼に扮するのは、実力派テコンダー・韓龍哲(ハン・ヨンチョル)。連続ビンタ蹴りが見事。







そして妙にハイテンションなカサノバ、何故か衝撃の全身タイツ姿。吹き替えは米アニメキャラのような甲高い声で、軽くキ××イ入った異様なキャラだ。



エガちゃん?

BGM『スリル』(布袋寅泰)希望




冴え渡るカサノバのキ○○イ芝居

さて気を取り直して格闘シーンを。
『死闘伝説TURBO! 』でも使用されている足技合戦だー


空中三段蹴りを食らうカサノバ




すかさず二段後ろ蹴りで返す


ラストバトル

カサノバと韓龍哲、もう1人足技が結構スゴイ人(写真-見覚えあるような気がするのだが名前ワカラン)の三つ巴キックバトル!






目まぐるしい蹴り合い



st20.jpg
三人が互いの足技を競い合うラストバトルは期待以上の迫力

とても楽しく観る事が出来た。カサノバのぶっ飛びキャラと韓龍哲の渋いヒーローぶりも良いし、迫力の三つ巴テコンドーラストバトルは見応えあり。ドンデン返しのエンディングにもビックリ。個人的には当たりです。

※注“ Hong Kong Connection”という英レーベルから出ているDVDは、トータル81分中60分56秒しか収録されていない可能性がある(ラストバトル入ってません)ので購入される方はご注意を。ちなみに僕は以前二度やられました。

密命客





密命客/Secret Envoy/Secret Agent
1976年作品

若き日の王虎(カサノバ・ウォン)と黄正利(黄泰洙名義)共演の韓国作品。日本軍とカサノバら愛国者達との戦いを描いたアクション映画です。


中々味のあるオープニング




とある寺で武術の修行に励むカサノバ達


カサノバと鄭眞化(エルトン・チョン)。若い


黄先生はいつもヘラヘラしている酔いどれ男の役なのだが、途中でシリアスモードに。どうやら酔いどれ野郎は世を忍ぶ仮の姿だったらしい。




日本軍との最後の戦いに向かうカサノバ・鄭眞化達を追いかける黄先生


一緒に闘うから連れてってくれと言ってるようです


貴重な2ショット


クライマックス、河原での乱闘シーン











闘い終わって・・・何か妙な画だな

仲間の元へ戻ってみると、エルトン達いつの間にか皆死んでました。で、許嫁?と共に小船で去ってゆくノバさんを黄先生が「さよ~ならー」とか見送って劇終。

アクションの方はかなりテキトーというかユルい。とりあえず勝手に蹴り合っているような感じで、「おぉ!」と思わせるようなシーンが一つも無かった。この頃はまだ武術指導の技量も未熟だったのだろう。そこは目をつぶって、王虎・黄正利・鄭眞化達の初々しい姿を見られるだけでも貴重な作品と言えそう。

四大門派



四大門派/Shaolin Plot
1977年作品

77年製作のゴールデン・ハーベスト作品。
オールスター映画と言っていい程色々な人達が出ており、全編を通して功夫映画ファンにはお馴染みの顔だらけで楽しい。


主演は、田俊(ジェームス・ティエン)。李小龍、成龍作品等で結構有名だが、功夫アクションがショボいので主役を張るのはちょっとキツイという印象。本作ではサモハンの武術指導のおかげかそれなりに見られる。

どっかの王子・陳星は少林と武當の奥義書を手に入れる事を目論んでいた。まずは武當の道場へチベット僧・サモハンと手下達を送り込み、奥義書を渡すよう迫るが拒否され乱闘になる。追い詰められた武當の師範はサモハンに偽物の奥義書を渡し、本物は息子の田俊に託し逃がすが偽物がバレて殺されてしまう。


シンバルのような物を飛ばし、相手の首を切断してしまう空飛ぶギロチン風の武器を使うサモハン

サモハン達に追われる田俊は古びた寺院に逃げ込み、そこで暮らしている元少林僧・金剛に助けられる。見事な技でサモハンを撃退した金剛(珍しく足技が見られる)だったが、改心したフリをするサモハンに油断し目を潰されてしまい、田俊の持っていた武當の奥義書も持ち去られる。
陳星は少林の奥義書を探す為に少林寺へ出向き、書庫を調べさせるよう願い出るが戒律により立ち入り禁止との事で断られる。業を煮やした陳星、片目が飛び出たグロメイクで変装&聾唖のフリで僧侶達の同情を引き少林寺へ潜入。そして深夜、書庫に忍び込み奥義書をまんまと盗み出す事に成功する。


田俊は金剛の元で修行を開始

外出先で陳星の手下達の会話を聞き策略を知った田俊、少林寺へ伝えに行くが証拠が無く信用されない。その頃、金剛はサモハンの罠にはまり焼き殺されてしまう。父と師匠の復讐の為、再び少林寺へやって来た田俊の前に門弟達の羅漢陣が立ち塞がる。





これを突破するが、次に登場した師範(カサノバ・ウォン&権永文!)は強く苦戦。途中、田俊が背負っていた包みが落ち、中身が散らばってしまう。入っていたのは金剛の遺骨と形見の品。それを見た高僧達はようやく田俊の言う事をを信用するのだった。悪事がバレた陳星は大僧正を人質に取り、少林寺三つの奥義書を用意するよう言い残し自分の城へ連れ去ってしまった。田俊とカサノバ、権永文ら8人の僧侶(志願者の中から抽選で決定w)が陳星の城へ向かう事に。

怒涛のクライマックスへ



ここから主役は完全にカサノバ&権永文へ変わる。ラストで主役交代って・・珍しい展開だ。


カサノバvsサモハン



踵落としでノバさんの勝利


元・主役の田俊は陳星に歯が立たない。あの、復讐は・・・?


代わりにこの二人が闘いを挑む。よっ!パチパチパチ!






出た!温室ファイトでもやってた足上げたまま繰り出す連続蹴り。カサノバファン興奮間違いなしであります。


ノバ権コンビの猛攻の前に追い詰められた陳星、大僧正に短刀を突きつけ二人を脅すが、大僧正は柱に頭突きし自害(ちょ、なんちゅう死に方だ)。怒り爆発の二人、陳星をボコボコにし劇終。

ラストのカサノバ&権永文がカッコよく大満足。
カサノバは作品によって動きが重かったりするが、今作ではキレまくりで思わず目を見張る程の出来。やはりサモハンとの相性が良いんだろか。権永文は手技主体で比較的地味目の立ち回りだが力強く渋い。アクションは総じて出来が良く、サモハンvs金剛、田俊vs羅漢陣のシーン等も見応え十分。あと、元彪vs銭月笙なんて対戦もあったりする。やっぱりサモハンの武術指導は好きだなぁ。
 | HOME | OLD »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。