スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

神腿

 

神腿/The Mar's Villa/Wu Tang Magic Kick
1979年作品

“ノーザン・レッグ” “爆笑の右脚” こと劉忠良(ジョン・リュウ)主演の台湾製シリアス功夫片。彼の代表作の一つに数えられる傑作であります。最大の見どころは迫力のラストバトルですが、本作は台湾クンフー映画にありがちなアクション一辺倒ではなく、ドラマ部分における出演者達の演技も中々見事で、深みのある作品に仕上がっています。

“神腿” と呼ばれる足技の名手・劉忠良。ある日、留守中に悪の武術家・高飛の襲撃を受け、多くの門下生を殺され道場の看板も壊される。怒り心頭の劉忠良は高飛の元へ乗り込み、対決の末に殺してしまった。劉忠良の妻(唐寶雲)は、夫が人を殺した事を嘆き悲しむが、劉忠良は妻にもう二度と闘わないと誓いを立てる。そんな劉忠良に、高飛の息子であるトン・ワイが挑戦して来た。トンワイの執拗な挑発にもじっと耐えるも、妻をトンワイと高飛の兄(高飛=二役)に誘拐され自らも囚われの身に。そして拷問を受け発狂してしまう。ボロボロになった劉忠良であったが、使用人・嘉凱の助けで完全復活を遂げ、高飛に最後の闘いを挑むのだった。



渋いオープニング



ジョンリュウさんご夫妻。嫁に関してはコメントを差し控えさせて頂きます



鋭い眼光をとばす高飛。さすがの存在感と迫力です



死んだ高飛弟の息子に扮するトン・ワイ


誘拐してきた劉忠良嫁を愛してしまい悩み苦しむ姿を熱演してます



劉忠良を陰で支える使用人・嘉凱。良いです。ハマリ役です。


拷問を受ける劉忠良

炎天下の野外で檻の中に入れられ、鉄の棒で鉄格子を「チャリ~ン、チャリリ~ン」と掻き鳴らされ続けるというトホホなもの。いや、キツイでしょうけどね。



嘉凱に救出された劉忠良、妻を取り戻すため特訓開始(ロッキー風)


嘉凱の献身的なサポートで、遂に輝きを取り戻す


復活した劉忠良、まずはトン・ワイとの対決

鋭さこそそれほど無いものの、結構綺麗な蹴りを繰り出して応戦するトン・ワイ


が、最後はジョンさんメッタ蹴りで血祭りに


最終決戦、劉忠良&嘉凱vs高飛












ラストの延々と続く死闘は、有無を言わさぬ迫力の名勝負で見応えも十分。殺陣は結構雑な作りなのですが、それががかえって生々しさと臨場感を出す事に成功しています。『南拳北腿』と並ぶ劉忠良のベストファイトと言っていいのではないでしょうか。
スポンサーサイト
2009年03月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 劉忠良

龍之根

 

龍之根/Dragon Blood/John Liu In Mexico
1982年作品

“傲慢武打星(笑)”こと劉忠良(ジョン・リュウ)が、珍作『忍拳威震巴黎』に続き、本当によせばいいのにまたまた監督・脚本・主演(あと武術指導も)の三役をやってしまった俺様アホアホ映画第二弾。


毎回こういうカットあるな

舞台は1886年メキシコ。
軽くストーリーを書こうと思ったが・・・無理どす。もう訳分かんないんですよホント。脚本を書いた劉忠良は頭おかしいんじゃないのかと思うほどの支離滅裂ぶり。一言でいえば劉忠良が持つ“黄金の龍”の紋章を巡っての争いなのだが、とにかく物語の時間軸が滅茶苦茶で、劉忠良とヒロインそれぞれの回想シーンが順序バラバラ(に思える)に入り混じって、現在のシーンなのか回想シーンなのか分からなくなってしまう。編集間違ったんじゃないのだろか?と思ってしまうほどかみ合っていないのだ。あと、例によって登場人物の人間関係がよく分からない。


砂漠を彷徨う劉忠良、謎の金髪美女と出会う


砂漠の熱射で眼をやられ盲目状態になるも、金髪美女の助けで特訓開始。シーンによって治ったりまた盲目になったり訳ワカラン。




金髪美女に稽古を付けてもらう


回想シーンより。劉忠良の父親(二役)


またロジャー・パーシーとの対決

高飛とのラストバトル









スリリングな対決シーンは迫力十分。やっぱり高飛が出てくると締まる。ただ、高飛の目的もよく分からなかった。

高飛とのバトル終了後もまだ続く。紋章を狙う悪党達との戦いになり、金髪美女を庇って撃たれる劉忠良(またそれか)


撃たれてから延々語るジョンリュウさん。ちょw何故開脚!?

そんな中、劉忠良と仲の良い子供が紋章をゲットして波打ち際で遊び始める(劉忠良にいちゃん死にそうなのだが・・)。そして・・

「あ、流されちゃった」

だと。アホか~~~!流されちゃったじゃね~だろ(泣)


↓死んでます・・

死んだ劉忠良を放置して撤収しようとする金髪美女とガキだったが、そうこうしているうちに金髪美女も、襲ってきたよく分からん女殺し屋と相打ちで死亡してようやく劇終。ダメだこりゃ!

スゴ過ぎる・・・もう破綻しまくり、ホームラン級の迷作だ。
しかしここまで来ると、もはや神の領域に達していると言ってもいいような気がしないでもない。これから巨匠と呼ぼう。劉忠良の足技は冴えているし、高飛とのラストバトルも良い。相変わらずの三文芝居も笑えるのでストーリー無視して観ている分にはかなり面白いと思うのだが・・・万人向けの作品ではないのは確かだ。
2008年10月24日 | Comments(0) | Trackback(0) | 劉忠良

忍拳威震巴黎

 

忍拳威震巴黎/Zenkwando Strikes In Paris
1981年作品

“ノーザン・レッグ ”こと劉忠良(ジョン・リュウ)がよせばいいのに監督・脚本・主演の三役をこなした俺様アホアホ映画。ほぼ全編フランスロケを敢行(盗み撮り?)、劉忠良が世界の武道家達とバトルに次ぐバトルを繰り広げる爆笑コメディ痛快アクション巨編である。

忍拳道(ゼンコンドー)って何ぞや?
『死闘伝説TURBO!』の劉忠良の紹介で「基本はゼンコンドー」というのを聞いて、「へぇ~この人ゼンコンドーやってたんだ・・・・・・って何だそれ?」とか思ったものだ。劉忠良自身が生み出した武術だそうなのだが、見た感じ何が忍拳道なのかさっぱりワカラン。強いて挙げれば・・少々ギクシャクした右足だけの連続蹴りが特徴で、開脚・又割りパフォーマンス多し・・・って見たまんまやんけ!あ、誰かさんみたいなフットワークをちょっとだけ使ってます。


目張り入れ過ぎ

『南拳北腿1・2』エンディングの曲(♪パーパ~パパパ~パーパパ~セヤセヤセヤ、セヤセヤセヤ♪ってやつ。ちとダサい)に乗って颯爽とランニングする劉忠良。突然チンピラに囲まれ 「お前はジョン・リュウか?」 「あぁ」・・・なんかどっかで見たようなやりとり(笑)。この作品では、ジョン・リュウという映画スター・空手チャンピオンにして忍拳道総帥の役なのだ。つまりご本人役?


自慢の足技でチンピラ共をあっという間に片付ける。スゴイ切れ味


マフィアに誘拐された父親を探しにフランスはパリへ飛ぶジョンリュウさん。
空港へ着くや報道陣に囲まれる(笑)


恋人だかカミさんの墓にやってきた劉忠良。回想シーンへ


銃撃されそうになった劉忠良を庇って撃たれる彼女・・学芸会レベルの芝居だ。で、関係不明の別の女性が屋根裏部屋みたいな所から覗いてて「オー、ノ~!」とか頭抱えてるし。オーノ~と言いたいのはこっちじゃ!
ちなみに、この時の劉忠良の悲鳴というか奇声が最高にツボだった(笑笑)

上アアォアアアァォァアァォアアォォ~~~」(甲高いマヌケ声で)
※劉忠良は撃たれてません

これ以前着声にしようと思いましたが、キ××イだと思われるからやめた。

回想シーン終了。彼女の墓に向かって「さようなら。思い出をありがとう、ずっと忘れない」とかなんとか延々切々と語る(長くてワカラン)劉忠良。なんか・・自分の事、天下の二枚目とか思ってないか?


突如現れた王将とのバトル
zs10.jpg
劣勢になり、車で逃げようとする王将に壮絶連続ビンタ蹴りで勝利。凄い!





その後もアメリカ・日本・ヨーロッパの空手王者と色んな場所で対決


何故か剣道とも対決(笑)



ラストはヨット上でロジャー・パーシー(『燃えよC.I.A 危機100発』にも出てた)扮するヨーロッパ空手王者との再戦。




結構強いロジャーさんの前に苦戦するが「忍拳道はそんなものか?」と挑発され奮起。一転、凄まじい連続蹴りのラッシュ!スゴイ!ちと感動した!さすが単なるアホではない。



最後は得意の飛び蹴りで勝利

もうかなり滅茶苦茶な作品だ。
シーンの途中で突然次のシーンに切り替わってしまったりする事が何度もあるし、回想シーンも含め登場人物の人間関係が全く分からない。誘拐されているらしい父親は一度も登場しないしどうなったのかも分からずじまい。これはもはや映画として成立していない。

ただ、そんな事はちっとも気にならないくらい面白い!

劉忠良のキャラ(大根役者ぶりも含めて)が笑えて、見ているだけで全く飽きないのだ。かと思えば、こんなグダグダ映画なのにアクションは凄くて全編に渡り蹴って蹴って蹴りまくり、切れ味も抜群というギャップ?が何ともいえない。やっぱり好きだわこの人。
2008年07月03日 | Comments(0) | Trackback(0) | 劉忠良

好小子的下一招

 

好小子的下一招/Fighting Ace/Kid's Ace in the Hole
1979年作品

主演の劉忠良(ジョン・リュウ)は、“フラッシュ・レッグ”こと譚道良の弟子で強烈な右足(だけ)蹴りで知られる。得意の足技は独特のギクシャクしたクセのある蹴りで、初期の出演作を見ると凄さは感じるものの動きもどこかぎこちなく、個人的には“ヘタウマ”という印象を持った。しかし後期の作品ではかなりの進化を見せており、有無を言わさぬスーパーキッカーに変貌を遂げている。師匠・譚道良のような脚技の華麗さ・変幻自在さは無いが、少々ナルシストで“愛すべき勘違い野郎”てな感じ(笑)のキャラも含めて不思議とヤミツキになってしまう変な魅力がある。出演作は面白い物が多く、師匠と違って作品に恵まれているという印象。

さて本作は、子供の頃悪党に両親を殺された劉忠良が復讐相手を探す旅を続けながら三人の師匠に功夫を習い、遂に見つけた仇敵との対決に挑むというストーリーの台湾作品で、これも中々の良作となってます。

赤バックの演舞オープニング

『南拳北腿』でもお馴染み『復讐のガンマン』のテーマがイイ

f
師匠役の權永文は空手の型っぽい演舞を

その權永文蹴りまくり!

空中三段蹴りも披露。特訓シーンでは劉忠良との見事なキックバトルも見られる。ゲスト出演の為出番は前半だけなのが残念だが、豪快な足技はたっぷりフィーチャーされているし、存在感も抜群なので權永文迷なら必見でしょう。


深夜の特訓風景


劉忠良を助ける役どころで良い味を出している王太郎。身軽でアクションも中々


ラスボス・程清。変な分身っぽい技を使う


最後の闘いは劉忠良&王太郎vs程清







アクションは良いし面白いのだが、難点は程清がラスボスとしての魅力に乏しい(せいぜい中ボス向きくらい)ためラストバトルが少々物足りなく感じる事か。
2008年06月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 劉忠良
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。