スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

少林寺十大掌門

 

少林寺十大掌門/The Ten Protectors of Shaolin Temple/Ten Instructors of Shaolin
1978年作品

マイク・ウォンこと王龍主演のコリアン功夫映画です。本格シリアス功夫片かと思いきや、とんでもないアホアホ映画でした。いや、シリアスなことはシリアスなんですが・・皆真剣そのものだし。
ストーリーは、少林寺に奉られている黄金の香炉を狙う奸臣・張莽と、それを防ごうとする主人公・王龍らとの闘いといった内容で、後半は裏切りに次ぐ裏切りの展開なのですが、ハングル語音声のみの為登場人物達の関係や目的等細かい部分が把握出来ておらず流れに乗れなかったのが少々残念でした。最大の見物は、少林寺で修行を積んだ王龍らが『少林寺木人拳』の木人巷や、『少林寺への道』の銅人みたいな関門に挑むシーンです。ここで王龍らを待ち受けるのは、気色悪いペインティングを施した怪人軍団で、なんともシュールなバトルシーンを延々展開しています。


タイトル画面

バカ野郎!(笑)


主演の王龍

『腹拳』のメタボ師匠や『少林十大女傑』(面白い!)の白髪悪役等ナイスキャラを演じた彼ですが、ノーマルな正義役となるとキャラがやや弱くパンチに欠けるという印象。


悪役コンビ

ラスボスの張莽(左)と、その手下・權一銖(右)



『南拳北腿』の銀狐風ジジイ。扮するは楊威(最初、韓鷹かと思った)


本作の目玉 “ 変人巷 ” スタート

この手のシーンの中では屈指のブッ飛び度です


屋内なのに雷鳴が轟き、おヘビさん登場


なんじゃコリャ~!



前衛芸術?


山海塾(懐かしい)を思い出しました


続いて、ライオンの鳴き声と共に現れたのは・・

某劇団ミュージカル風ライオン・キング軍団


ライオンなのに何故か縞模様が・・



モチーフが分からん・・


闘っている時の効果音がマヌケです。
敵が棒を振り回す度に 「ピン!ピン!」 腕を取ると 「ポキポキ」(笑)て。


ピン!ピン!ピン! ポキポキ

ピン!ピン!ピン! ポキポキ


・・・・・・・・・・・・(笑)

鬱陶しかったんですが、途中からバカ負けして面白くなってきました。


ラストバトル



三節棍をヤケクソ気味にビュンビュン振り回す王龍。なんか使い方間違ってる気が・・





とにかくこの作品、変人巷のインパクトが強過ぎて他が霞んでしまっている印象。クライマックスの王龍と張莽・權一銖らとのバトルは、武侠映画に出てくるようなユニークな形の武器を取り入れる等工夫している跡が伺えて悪くないのですが、観終わって記憶に残っているのはやっぱり王龍vs変態ペインティング軍団のアホバトルのみなんだなぁ・・・

スポンサーサイト
2009年04月25日 | Comments(4) | Trackback(0) | 韓国作品

山東の女水売り



山東の女水売り/7 Star Grand Mantis/The Woman Water-seller in Sandong
1983年作品

前回レビューの『山東の水売り』(82)に続いて83年に製作された続編もしくは姉妹作。前作に続き、徐炳憲(ベニー・ツイ)と韓鷹(イーグル・ハン)のアホ師弟が活躍するコメディ功夫。本作はそのコメディ部分が更に強調され、バカ映画度が飛躍的にアップしている。これでもかとばかりに繰り広げられるアホなシーンの数々に、当時の劇場は抱腹絶倒となっていたのかどうかは定かでない。


今回もほのぼの師匠役が良い感じの韓鷹と、その弟子ベニーさん

村の豚運び競争に出場した徐炳憲、韓鷹爺さんの助けで見事優勝し賞金をゲット。意気投合し行動を共にする二人、ひょんな事から水売りの娘(ソン・ジョンア)と知り合い仕事を手伝う事に。


湖で水を汲んでいるとチンピラ達が因縁をつけてきた。「ここはワシらの場所だ」と嫌がらせに桶の水を奪って飲み始めると、徐炳憲と水売り娘も対抗して一気飲み!

飲んでる時の効果音が凄い


ビヨ~ン ビヨョ~ン べヨョヨ~~ン

ビ~~ン ブイィィ~ン ブイィィ~~~ン

くだらね~(笑)不覚にも笑ってしまった。あ!これ着音に・・やめとこう


桶の水を飲み干した二人は妊婦さんのような腹に。毒霧攻撃


水売り娘ジョンア嬢の奮戦でチンピラ共を撃退


もう一丁アホシーン

韓鷹銅人(笑)


気を取り直して・・
本作でも切れ味抜群の功夫アクションを披露する韓鷹



このシーンは中々良いバトルなのだが、度々同じ場面が使い回しで繰り返し出てきてゲンナリ。


ラストバトル

長年自分を狙っていた悪のボス(前作のラスボスと同じ人)&手下の権成榮と闘う韓鷹。ピンチに陥ったところへ徐炳憲と水売り娘が駆けつける。


ラスボスに池へ蹴り落とされる二人



溺死?


と思いきや、なんと池の水を飲み干してしまう
そして、飲んだ水を噴射して攻撃!


放射能火炎・・ではなく水です


ホース見えそう。なんちゅう画だ(笑)


一斉放水を受けるラスボス。これは強烈だ


てな感じで、とにかく笑わせてやろうという意向とは裏腹に、出てくるのは失笑ばかり・・。笑いに力を入れた分アクションは『山東の水売り』よりパワーダウンしており、見事な足技を披露していた徐炳憲も本作ではほとんど見せ場なし。ただ、韓鷹は相変わらず素晴らしい動きを見せており、癒し系ナイスキャラと相まってまさに「良い仕事してますね~」
2008年12月09日 | Comments(2) | Trackback(0) | 韓国作品

山東の水売り

 

山東の水売り/Incredible Shaolin Thunderkick/Water Retailer of Shandong
1982年作品

『師兄師弟』で黄正利と激闘を演じた、徐炳憲(ベニー・ツイ)主演の韓国製コメディ功夫。10年前に父親を殺された水売りの青年が功夫の達人である酔いどれ老人の弟子になり、修行の末復讐を果たすというストーリー。コメディ部分はかなーりユルイ出来で辛いがアクションは良く出来ていて、出演者の殆どが無名ながら皆結構良い動きで楽しませてくれる。


主演の徐炳憲。この人、前半は締まりのない笑顔でヘラヘラヘラヘラしているが、後半になると突如豹変し別人のような険しい(半ばイッちゃってる)表情で猛烈アクションを見せるのが特徴。スラっとした体型から繰り出すムチのような蹴りは見事。


師匠役はイーグル・ハンこと韓鷹(本作では金英一名義)


本作では珍しく飲んだくれ爺さんをユーモラスに演じている。いつもの冷徹な悪役ぶりとは打って変わって親しみ易いキャラで良い味出してます。芸の幅が広いねぇ。


そして武術指導も兼任、自らも素晴らしい功夫アクションを披露。“功夫”という点では韓国クンフースターNo.1と言っても過言ではないと思います。


ジャッキー映画風の修行



修行が進むにつれ徐炳憲の動きが段々良くなっていくところなんか結構イイ


後半に入り、ベニーさんスイッチ入りました。段々目が据わってきて・・
ここからは「怒」モードでお送りします。


切れ味鋭い足技が炸裂



見事なローリング・ソバット


ラスボス(名前ワカラン)との闘い







韓国功夫映画によく出てくる場所(必ず落ちる)


中々白熱したバトルが続き、形勢不利に陥るベニーさん。そこへ突然知らない水売りのオッサンがノコノコと通り掛かる。ラストバトル中に全く関係ないオッサンって・・・前代未聞じゃねーか?そこでベニーさんラスボスに一言。

「ちょっと水飲んでいいか?」

・・・なんか変な流れになってきたぞ。笑うとこかコレ?呆れて失笑するラスボス。そしてベニーさん、桶の水を一気飲み!(二杯)


何故か酔拳のような足どり(飲んだのは水です)でラスボスに迫ると、いきなり桶を振り回して攻撃!意味分から~ん

最後は、桶で殴ってからの飛び蹴りという殺人フルコースで見事勝利したベニー。途中までは結構良い闘いだったのに・・これ、駄目だろ。
2008年12月05日 | Comments(1) | Trackback(0) | 韓国作品

五大弟子

 

五大弟子/Dragon Lee vs. the Five Brothers/The Five Disciples
1978年作品

巨龍(ドラゴン・リー)主演の韓国作品。
レビューの為キャプしながら久々に観たのだが、あまりのつまらなさに一瞬中止しようと思ったものの折角なのでやります。


この作品、最初は巨龍にいつものバケモノ然とした威圧感がそれほど無く、爽やか?な笑顔もあったりしてちょっと印象が違う。


饅頭を喰う巨龍


しかし、それは嵐の前の静けさだった・・・
十数分経過したであろうか。突然それは始まった。

「ホチョー!ホチョチョチョホチョチョホチョホチョー!」

「ホッチョチョチョ!ホチョホチョホチョチョチョホチョホッチョチョチョホチョホチョホチョホチョホチョホチョチョチョホッチョホチョホチョチョチョホチョホチョホチョー!!」

「ホチョオォ~!ホチョー!イヨォオ~~!!」(ブルブルブル)


えーい、やかましぃわ~~~!!


なんか降りてきたようです。
辮髪姿でホチョホチョ叫ぶ巨龍。あ、あれだ、ブルース・リーの『細鳳』。あれがもし作られていたらこんな感じになったのではないかというのを狙ったのか・・って、んな訳ねーだろ!


巨龍といえば皆が思い浮かべるのはこんな画では?(有害指定)



オエェ~!


巨龍を助ける女拳士役で出演の元秋

かぶっている笠は空飛ぶギロチンのような武器に


ラストはこの二人とのバトル

崔旻奎(マーティン・チュイ)。巨龍との競演多し


李芸敏。「おじいちゃん逃げてー!」


どう見てもラストバトルの画像に見えません


グダグダのラストバトル。巨龍の怪鳥音だけが空しく響く

つまらないこと山の如しといった感じの酷さでした・・・。
僕も含めてこういう映画を自ら望んで観る人というのは、初めから映画作品としての完成度なんぞ求めていないと思うのだが、それにしても辛すぎる出来だ。出演者も華の無い人ばかりだし肝心のアクションもかなりレベルが低い。山場も皆無。普通の人は途中で爆睡するだろうなぁコレ。


スカッとしませんでした。
2008年08月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | 韓国作品

帰って来た雙龍

 

帰って来た雙龍/The Leopard Fist Ninja/The Return of Twin Dragons
1981年作品


当ブログ一押しスター(笑)・ゾノさんこと林子虎(ジャック・ラム)の主演作。
悪の日本人に両親を殺され、別れ別れになった兄弟が再会し力を合わせて復讐の為に闘うというストーリーのコリアン功夫映画です。

幼い頃、日本人・ゲンジに両親を惨殺された林子虎・白黄基の兄弟。復讐の為厳しい修行の日々を送り、長い年月が経った。師匠は上達著しい林子虎を、更に高度な技を習得させる為別の師匠の元へ旅立たせる事にした。


次の修行先は極寒の地。風邪ひくなよ

修行に励む林子虎の元に、故郷の師匠より「すぐ帰れ」との手紙が届く。祖父がニシヒロなる日本人に捕らわれてしまったのだ。地元へ戻った林子虎、祖父を取り戻す為ニシヒロの屋敷へ。テコンドーキックをバシバシ繰り出すお侍さん達を蹴散らす林子虎。そこへ現れた弟・白黄基の助けによって祖父を救い出す。


今度はゲンジ&インチキ外人軍団に襲撃される林子虎

l


弱そうな外人軍団の前にピンチに陥るも、再び駆けつけた白黄基に助けられる


豆タンク・白黄基、珍しく主役級です

厳しい修行に耐えられず逃げ出し行方不明になっていた白黄基。逃げた事を謝罪する弟を一度は突き放す林子虎だったが、反省し雪の上にずっと座り続ける姿に心を打たれ兄弟の絆を取り戻す。

ニシヒロ(趙春 左)はゲンジ(金有行 右)に林子虎の始末を依頼する

一度見たら忘れられない悪役コンビ。韓国の悪役はインパクトあるねぇ。それにしてもゲンジとニシヒロて(笑)


ゲンジは林子虎の祖父と師匠を殺害、師匠の娘を連れ去ってしまう。林子虎は白黄基、以前旅の途中助けた女拳士と共に再びニシヒロの屋敷へ乗り込む。



林子虎のテクニカルな足技が冴える


兄弟ダブルキックでゲンジを倒す

逃走するニシヒロだったが

命乞い(笑)も空しく・・


師匠の娘も無事救出し劇終

個人的には結構好きなのだが、出来としてはイマイチかなというのが正直な感想。白黄基は珍しい主役級で頑張っているがちょっと華が無いし、悪役の二人は良い味を出しているもののアクションはそれ程でもないので最後の闘いは物足りなさが残る。結局見所は林子虎のアクションのみといった感じ。本作では足技だけでなく、結構功夫っぽい動きも披露しておりクンフースターとして優れたところを見せている。動きは華麗だし存在感もあるので、黄正利や王虎のように香港映画でも十分通用したと思うのだが・・・
気になったのが、途中本編に関係の無い嘉凱がいきなり現れて林子虎との対決シーンが始まったと思いきや、決着もつかぬまま他の場面に切り替わるという意味不明なフッテージ。なんだろコレ、別作品からのツギハギか追加撮影?
2008年07月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | 韓国作品
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。