スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ドラゴン修行房

 

虎鶴雙形/Tiger and Crane Fist/ Savage Killers
1976年作品


“天皇巨星”王羽(ジミー・ウォング)監督・主演の正統派(でもないけど)功夫映画。この作品、昔夜中にやたらとTVでやってた記憶がある。


共演は劉家榮(ラウ・カーウィン)。元々実力者なのだがジミーさんがアレな事もあり、いつにも増して動きが良く見える(笑)




王羽と劉家榮による少々オマヌケな虎拳・鶴拳の演舞オープニング。
ジミーさんの○○○○な動きにまずは一笑い。

冒頭、武術界制圧を目論む龍飛(ロン・フェイ)に追われる虎拳師匠とその弟子・王羽。必死に抵抗するも、龍飛の操る熊手付投げ縄の前に師匠は重傷を負ってしまう。なんとか逃げ出した二人は、旧知の鶴拳師匠の元へ。本来、虎拳と鶴拳は一つの拳法だったが、二人の師匠が若かりし頃にどちらが優れているかで張り合い競った末、それぞれの流派に別れて絶縁状態になっていたのであった。虎拳師匠は、過去の事は水に流し虎鶴拳を復活させなければ龍飛は倒せないと言い残し息を引き取る。

こうして、王羽と鶴拳師匠の弟子・劉家榮は協力して互いの技を学ぶ事となった。


真面目に技術交流を図る王羽に対し劉家榮は、「鶴拳は最強。虎拳なんか必要ない」と反発。ヤル気無しでこの態度。


ジミーさんの爆笑鶴拳


チョイ役で五毒の郭追(左)が出ている。龍飛に果敢に立ち向かうも瞬殺され、見せしめの為死体は逆さ吊りに・・ムゴい。


本作のラスボス・龍飛は強力な熊手付投げ縄に加え、一切の攻撃を受け付けない鋼鉄の体を持つというかなり強い敵。だが二箇所弱点の急所があって、なんともご丁寧にその部分に三角形の鉄鋲が装着されていてバレバレ状態なのだ。

そんな強敵・龍飛の前に鶴拳師匠も殺され、劉家榮が師匠の敵討ちを挑む。必死に弱点の鉄鋲を外そうとするも、なかなか取れず結局返り討ちにあってしまう。


師匠と劉家榮の復讐の為、打倒龍飛の修行を開始する王羽。街の鍛冶屋に龍飛の鉄鋲に似せた金具を発注し、それを木人に設置して抜き取る特訓。

さんざんぱら特訓した結果、ようやく鉄鋲を外せるようになったジミーさん。ベアークロー対策も編み出し、あとは龍飛を倒すのみ。

いよいよ決戦の時

導火線で出来たロープを龍飛の熊手投げ縄に絡みつかせて点火するという結局いつものジミー戦法(笑)。ハイ、これでベアークロー使えなくなりました。


闘いは続く。狙うは弱点の鉄鋲だが・・取れねぇ~


秘策!鶴拳ジャンプ


遂に取ったどー!!・・が、相打ち。これは効いた


「わはははは!」と爆笑する龍飛。その直後血がピュ━━━━!!! そして絶命。おいおい・・


だがジミーさんも致命傷を負って・・・って、お~~い!アンタ何入れてんだ(笑)

感想と致しましては、なんというか・・やっぱりジミーさんに○○拳スタイルの功夫アクションは無理があるなと(笑)面白いからいいけど。武術指導の劉家榮も結構大変だっただろうなぁ。正統派功夫映画のはずが、結局終わってみればキワモノ映画になってしまっているのはさすが天皇巨星というべきか。
スポンサーサイト
2008年09月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 功夫

密命客





密命客/Secret Envoy/Secret Agent
1976年作品

若き日の王虎(カサノバ・ウォン)と黄正利(黄泰洙名義)共演の韓国作品。日本軍とカサノバら愛国者達との戦いを描いたアクション映画です。


中々味のあるオープニング




とある寺で武術の修行に励むカサノバ達


カサノバと鄭眞化(エルトン・チョン)。若い


黄先生はいつもヘラヘラしている酔いどれ男の役なのだが、途中でシリアスモードに。どうやら酔いどれ野郎は世を忍ぶ仮の姿だったらしい。




日本軍との最後の戦いに向かうカサノバ・鄭眞化達を追いかける黄先生


一緒に闘うから連れてってくれと言ってるようです


貴重な2ショット


クライマックス、河原での乱闘シーン











闘い終わって・・・何か妙な画だな

仲間の元へ戻ってみると、エルトン達いつの間にか皆死んでました。で、許嫁?と共に小船で去ってゆくノバさんを黄先生が「さよ~ならー」とか見送って劇終。

アクションの方はかなりテキトーというかユルい。とりあえず勝手に蹴り合っているような感じで、「おぉ!」と思わせるようなシーンが一つも無かった。この頃はまだ武術指導の技量も未熟だったのだろう。そこは目をつぶって、王虎・黄正利・鄭眞化達の初々しい姿を見られるだけでも貴重な作品と言えそう。

決鬥死亡塔

 

決鬥死亡塔/The True Game of Death
1979年作品

前回レビューした『鐵旗門』で正義の殺し屋・白衣浪子役が印象的だった龍天翔が、ショウ・ブラザースに所属する以前に主演した死亡遊戯モドキ映画。あのサモハンが、色々ヤバイ方面の事情で武術指導を担当しているという事からパチモンブルース・リー映画の中では結構有名な作品だ。


本作では小龍という芸名で、ショウブラ作品出演時とは顔もまるで違う(いぢる前)




ブルース・リーの写真使いまくりのオープニングに続き、『獨覇拳王』製作発表の映像と小龍のトレーニングシーン(何故に蛇拳?)が流れた後ようやく本編スタート。ストーリーは、映画スターの小龍がマフィアに契約を迫られるが拒んだ為命を狙われ・・って、まんまじゃねーか。


デキはともかく、死亡遊戯の要所を結構忠実に再現していて笑える

未発表の野外シーン?


バイクチェイスのシーンも。クラッシュして、カタカタ・・芸が細かい(笑)

そして、遂にクライマックスの塔へやってきましたよ

本物そっくり!(笑)


待ちうける偽イノサントとの闘い






このイノサント戦は良く出来ていて面白い


次の相手は相撲取り


結構動けるお相撲さんと意外な激闘に


そして最後の相手、黒人ボクサー戦



ボクサーを倒し、塔から出てドクター・ランド?を追い詰めたところへパトカーがやって来てスタコラ逃げ出す小龍。そこで劇終なんじゃそりゃ。

サモハンが武術指導しただけあってアクションは良い。
特に、メインである塔での闘いはモドキ映画の中では群を抜く完成度で、『新死亡遊戯』や『死亡魔塔』あたりとは比べ物にならない出来だ。ただ、それ以外はとてもプロの映画人が作ったとは思えない程酷いもので、前半のドラマ部分等は観る価値無しと言ってよいかと。それにしてもサモハンがこの作品に関わった事に対する様々な噂の真相が知りたいものだ。

鐵旗門

 

鐵旗門/The Flag Of Iron
1980年作品

五毒の郭追・鹿峰・江生が主演のショウ・ブラザース作品。


左から江生・郭追・鹿峰

鐵旗門と鷹堂という対立する二つの組織。
ある夜両党揃っての酒宴が催されるが、これは鐵旗門の制圧を目論む鷹堂首領の仕組んだ罠で、宴の最中に鐵旗門を襲撃し両党入り乱れての大乱闘に。そこへ謎の男・白衣浪子(龍天翔)が現れ、鐵旗門の首領に致命傷を負わせる。








首領は死の間際、義侠心の強い郭追を自分の後継者にと伝えようとするが、そこへ割って入った鹿峰が強引に首領の座に収まってしまう。

そこへ警察がやって来て、この戦いで鷹堂首領他多数の人間を殺した罪に問われる新首領・鹿峰。その身代わりに罪を被った郭追は、ほとぼりが冷めるまで街を離れ遠くへ身を隠す事に。







食堂の下働きをする郭追の元に、次々と刺客が送り込まれて来る。その都度撃退するが、実は勤め先の食堂の従業員達も刺客なのであった。で、バトルに。そこへ龍天翔が再び現れ郭追に加勢。龍天翔は悪人しか殺さない正義の殺し屋なのだが、鹿峰に騙されて英雄である鐵旗門首領を殺してしまったのだという。これまでの事は全て鹿峰の差し金だったのだ。


龍天翔扮する、白装束に身を包み銀の手槍を操るクールな殺し屋・白衣浪子というキャラクターがカッコいい


この頃とえらい変わりようだw(決鬥死亡塔より)


真相を知り、鹿峰の元へ乗り込む郭追・江生・龍天翔


ラストバトル。大旗を振り回してのウエポン戦は迫力あり










渋く男っぽい雰囲気の作品で、シリアスかつハードなストーリー展開に思わず引き込まれてしまう傑作だ。アクションは彼らの作品にしては比較的抑え目のような気もするがラストバトルはさすがの出来で、得意のアクロバットを織り交ぜたハイテンポな闘いが楽しめる。
2008年09月07日 | Comments(0) | Trackback(0) | 五毒関連

スコーピオン・ファイター

 

蠍子戰士/Operation Scorpio
1992年作品

この作品最大の見物は、サソリ拳の達人に扮した韓国出身の超絶キッカー・元振(ウォン・ジン)が見せる変態的キッキング・パフォーマンスだ。そのオリジナリティ溢れるムーブは何度見ても圧倒させられる。






奇妙な動きのサソリ拳



主人公の銭嘉楽(左)は、さえないマンガ家志望の学生。ある日、悪徳商人・王に売られそうになった使用人・羅美薇(右)を助けるが、連れて逃げようとしたところを王の手下に捕まってボコられ、父親も大ケガを負ってしまう。何とか逃げ延びた銭嘉楽父子に身寄りの無い羅美薇も同行し、父親の友人で食堂を営む劉家良の元へ身を寄せる。


劉家良の下で料理の修行をしながら、学校ではボディビルのようなよく分からない武術も学び力を付けていく銭嘉楽、食材の鰻の動きをヒントにウナギ拳を開発。そんな中、羅美薇を取り戻そうとする王の魔の手が・・・

クライマックス、王の屋敷へ殴りこむ銭嘉楽と劉家良

年齢を感じさせない功夫アクションを見せる劉家良。見事な三節昆も披露





元振vs劉家良はお互い一歩も引かない名勝負


元振vs銭嘉楽のラストバトル。ここでも元振の超絶テクニックが堪能できる

元振の凄いところは足技だけではなく難易度の高いアクロバットも難なくこなす事で、これもその一つ。前方に走りながらバック宙、着地後すかさずドロップキック!




決めポーズもバッチリ


苦戦する銭嘉楽、劉家良のアドバイスを受け徐々に反撃

ウナギ拳。それほど大した技じゃないです(笑)


ウナギ拳vsサソリ拳、勝負の行方は・・


とにかく元振のアクションと異様なキャラ設定は抜群で一見の価値あり。あまりにもその印象が強過ぎて他が霞んでしまっている感はあるが、劉家良は存在感を見せているし、銭嘉楽も正義感の強いキャラを生き生きと演じており悪くない出来の作品だと思う。
2008年09月03日 | Comments(0) | Trackback(0) | 功夫
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。