スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

猛男大賊胭脂虎

 

猛男大賊胭脂虎/Image of Bruce Lee/Storming Attacks
1978年作品

前回レビューした『蛇珠』での王女役が印象的だった丹娜(ダナ)嬢。自分の中でプチブレイクの兆しであります。と、いいつつ本来こういう感じのフェロモン過多な人はあまりタイプじゃなかった事もあり、これまで何度か目にしていた筈なのだが全く記憶に無かった。てな訳で「他に出演作、家になかったっけか?」と探してみたら・・・あった(笑)。またまた何宗道主演のパチモンブルース・リー映画でした。


国際的偽札組織壊滅の命を受けた敏腕刑事・何宗道とヒゲの相棒・張雷が、組織のボス・韓英傑とその息子・張午郎らと闘いを繰り広げるというストーリーの現代刑事アクション。


死亡遊戯トラックスーツ風?の中途半端なジャージ


何宗道&張雷の稀に見る地味コンビ


ダナ嬢は、東京からやって来たインターポールの潜入捜査官役。本作でも必要以上にセクシイなシーン続出。

こんなシーンも


「あらアナタ、ブルース・リーに似てるわねぇ。
映画に出ればいいのに」
 だと(笑)




・・・・・・ですよね~


さて、ラストは韓英傑・張午郎vs何宗道・張雷・丹娜







何宗道のアクションは例のごとくソツはないもののキレが以下略


ダナ嬢もバトルに参加。長身なので映える

エンディング

東京へ帰るダナ嬢を空港までお見送り


悪くないけど残らないなあ。
肝心の何宗道&張雷のコンビに魅力が無いのが辛い。個性の弱い地味キャラを二人並べてしまったのは失敗かと。『蛇珠』みたいな飛び道具的バカ映画と違い、本作のようなストレートな刑事アクション物では、主役とその相棒の個性(キャラ立ち)が一番重要になってくると思うので。アクションはベテラン韓英傑や協利のエース張午郎、そしてボロ楊斯など実力のある人が揃っている為そこそこの出来ではあるのだが、どうも何宗道のモッサリ具合が伝染したかのように皆精彩を欠きパッとしない印象。協利電影作品という事もあり、しっかりした出来の一本であるのは確かなのだが、映画としての完成度が高ければ良いというものでもないんだなぁと痛感した次第。ダナさんは良かったです(笑)
スポンサーサイト

蛇珠

 

蛇珠/蛇女慾潮/Bruce Lee in New Guinea/Bruce Li in Snake Island
1978年作品

「ブルース・リー in ニューギニアて!」

昔、初めてこの作品の存在を知った時に思わず発した一言。
当時はまだパチモンブルース・リー映画など観た事も無く、一体どんな作品なのか想像もつかなかった。その後しばらく経って目にした何宗道主演の本作はアホ満載のまさに怪作でありました。


カラッと明るいオープニング。蛇拳を使うラスボスには陳星が扮している

主人公の何宗道は探検隊を率いてニューギニアの奥地へやって来る。そこには、蛇を神と崇める部族が住んでいた・・


何宗道の友人に扮するのは、李錦坤(ラリー・リー)。ポスト・ブルース・リーと期待されていた事もある剛柔流空手出身の実力派で、本作でも中々迫力のある空手アクションを披露している。


出た!ボロやん(楊斯)曰く「最も恥ずかしかった仕事」(原住民役)。本人の中では黒歴史となっているようだが、結構ハマっていて良いと思う。


部族の王女・丹娜(ダナ)


王女さまのペット兼ボディーガードのゴリラ(ぬいぐるみ)。このゴリラがかなり笑える。連続バック転したりやたら俊敏。




ガイコツマスクに襲われ、毒針を刺されてしまう何宗道だったが、王女様に介抱され一命を取り留める。そんでちゃっかりデキてしまうのであった。

なんか・・王女様最初「きっついなコリャ」とか思ったが、見ているうちに段々可愛く思えてきた(笑) 洗脳されたか?


部族のボス・陳星とのバトル

陳星の蛇拳の前に敗れ去る何宗道。とどめを刺そうとする陳星を王女様が必死の懇願で制止。そして何宗道は香港へ帰る事になった。


帰ってはきたものの、結局また王女様の所へ戻る決心をした何宗道、李錦坤をパートナーに陳星の蛇拳を破る為の特訓に励む・・て、なんであんたが蛇拳やってんだ!?


いかにも“体育着”て感じのジャージ着せたらこの人の右に出る者無し


そして戻ってみたら、王女様には子供が生まれていた。おいおい・・


陳星と最後の闘い







一進一退の末、お蛇様の大群の中へ落ちて弱った陳星を遂に倒す

子供を抱き、皆に別れを告げ去っていく何宗道と王女様、一体何処へ?そして劇終。めでたしめでたし・・なのか?

いや~、しっかし・・しょうもない映画だわコレ(笑)まさに愛すべきバカ映画ですね。
何宗道、もはや味ともいえる“ソツはないもののキレに欠け、スケールの小さいアクション”で奮闘してます。ラブシーン等もこなし、こんなアホ作品なのにひたむきに熱演する姿は思わず涙を誘う。他にも陳星・楊斯・李海生・李錦坤ら実力のあるメンバーによるバトルは結構充実しているような気がするのだが・・アホなドラマ部分の強烈さがあまりにも際立ち過ぎて、観終わった後全く覚えていないという現象が起きてしまうのが悲しいところ。ニューギニアとか言いつつ、出てくるのはどっかで見たような風景ばかりなのはご愛嬌。蛇嫌いの方はご注意を。

四大猛龍

 

四大猛龍/The Mighty Four/Four Brave Dragons
1977年作品

カサノバ・ウォン主演の韓国作品。
幼い頃、悪徳役人の張莽に両親を殺されたカサノバが父の友人である楊威の下で武術の修行に励み、仇を討つといった感じのストーリー。この作品のカサノバは終始悲壮感を漂わせまくりで、しかも序盤は弱く何かとボロボロにされるという悲惨な主人公を熱演している。




ラスボスは、韓国作品ではお馴染みの張莽


その手下の三悪人(南忠一・鄭眞化・郭武星)にボコられるカサノバ


極悪人ルックスの鄭眞化(右)と、ここでも存在感の薄い郭武星(左)


修行の日々





いきなり強くなったカサノバ、再び三悪人と対決



坊主頭の悪エルトン。気のいい兄ちゃんの面影無し

三人の前に再び苦戦のカサノバだったが、必殺の通天老虎蹴り(何かいい呼び方無いかねぇ・・)が炸裂!たちまち三人まとめてブッ倒した。


続いて、仇である張莽とのバトル







クライマックスはあの技だ!
g


出たー!デブゴン10蹴り(これも何か良い呼び方無いかねぇ・・)『デブゴン10』の時程の飛距離は無いが、この捻りっぷりは凄い。功夫映画屈指の必殺技です。

後半カサノバは蹴りの乱れ撃ち状態なのだが、ちと雑でキレも今ひとつなのが残念。やっぱりこの人は殺陣次第で随分変わってしまうなぁ。その殺陣は酷く、同じ蹴りを何度も何度も繰り返したりしてイライラする場面も。それでも、バトルは悪役の張莽&鄭眞化ら三人の力量が比較的しっかりしているのでそれなりに見られるし、最後は大技のデブゴン10蹴りで締めてくれるのでノバマニアだったら楽しめると思います・・多分。

虎拳

 

虎拳/Gold Snatchers
1973年作品

僕が子供の頃に出版された書籍『激突!ドラゴン武術』(和製ドラゴン・倉田保昭監修)は功夫映画のスチール写真に、倉田氏による「この写真の蹴りはナントカカントカで~」といった感じの専門的な技術解説が付いており、さらに倉田氏が出演している日本未公開作品の珍しい写真が満載という非常に嬉しい内容であった。それらの写真を眺めては、当時は観るのが困難だった未公開作品達に思いを馳せたものだが、その中で特に幻想を膨らませていたのがこの作品。虎 拳というストレートなタイトル、そして陳星と倉田による迫力バトル画像に当時の僕は惹かれたんですよねぇ。その後長い年月が経過し、遂にご対面の時を迎える事になる訳だが・・


主演は、無類のタフガイ・陳星

冒頭、刑務所から出所する陳星。乳兄弟である龍飛の策略に遭い、無実の罪で収監されていたのだ。龍飛は、二人の母親の遺産である金塊を独り占めしようとしており、邪魔な陳星を何かと迫害していた。


陳星と骨肉の争いを繰り広げる龍飛


陳星、龍飛との三角関係に悩む幼馴染の陳燕鳳。昔ながらの清純派ヒロインといった感じ。



序盤から陳星のパワフルな空手アクションが全開




・・が、ずっと同じ相手(陳慧樓・柯受良・王太郎ら龍飛の手下達)と同じような立ち回りばかりなので次第に飽きてくる。


後半ようやく倉田さん登場!若い




 border=
流石に倉田のアクションはスピード・キレ共素晴らしい


本作最大の見せ場、陳星vs倉田のガチバトル







パワーの陳星とキレの倉田によるハイスパート肉弾バトルは迫力十分。延々殴り合い蹴り合うだけの大雑把な殺陣ともいえるが、この闘いに関してはそれが良い方に転んでいると思う。


ラスト、陳星必死の訴えに改心するかと思われた龍飛だったが、やはり裏切り行為に。陳星は刺されて深手を負ってしまう。


手負いの陳星、力を振り絞り龍飛へ立ち向かっていく


正直なところ期待外れでした。
幻想を抱いていた作品というのは得てしてそんなものだったりしますね。『帰ってきたドラゴン』のようなカラッと明るい感じの作品を想像していたが、それとはかけ離れた暗く陰惨なストーリー展開で、救いの無いエンディングも後味が悪かった。陳星のアクションもやや一本調子な所があり、通して見るのはやや辛い。ただ、陳星vs倉田のバトルは文句無しの迫力なので一見の価値あり。
2008年11月17日 | Comments(0) | Trackback(0) | 功夫

少林拳対五遁忍術

 

五遁忍術/Five Element Ninjas/Chinese Super Ninjas
1982年作品

張徹後期の傑作。大のお気に入り作品なのでありますが、ようやく天映娯楽盤DVDがリリースされ狂喜していたところなんと国内盤が出るというではないか。まさかコレが出るとは思いもよらなかった。いやーめでたい!


冒頭、「本編に登場する忍者のコスチュームと武器は、すべて日本の歴史的文学(文献名らしいものが幾つか明記されているが・・)に基づいている」とのナレーションがある。真偽の程は不明だが、確かにこの作品に登場する忍者は他の功夫映画の忍者に比べ結構リアルっぽくて、使う武器や道具もカッコいい。



対立する二つの党派による決闘が始まろうとしていた。勝った方の党首が武術界を仕切ることを条件に、双方の代表達が闘いをスタート。程天賜・羅莽・龍天翔らが属する側が優勢で、相手方は助っ人として桑田という日本の侍を投入する。結構強い桑田さんだったが、羅莽との勝負に敗れ去る。そして、友人で“忍者之王”と呼ばれる達人・剣淵夢道なる人物に復讐を託した手紙を残しその場で切腹。その後、剣淵より挑戦状が届く。“五遁陣”なる戦術(金・木・水・火・土という五つのフォーメーション)を擁する忍者軍団との戦いが始まった。








火  五遁陣の前に次々やられていく仲間達


遂に姿を現した“忍者之王”剣淵夢道

扮するは陳惠敏(チャーリー・チャン)。堂々の存在感をみせている。『残酷復讐拳』の陳觀泰同様、ビッグネームの彼が強い悪役を演じる事によって作品も締まるし、比較的地味な善玉達との闘いがより緊迫感を増す。


剣淵は程天賜達の元へくの一・純子を送り込み、内部の事情を探らせる。そしてある夜、遂に攻撃の火蓋が切って落とされた。




圧倒的な兵力の前に、党首以下仲間達は全滅。羅莽はジュンコさんの色仕掛けに油断したところを“花下剣”なる技で致命傷を負わされながらも奮闘するが遂に力尽きる。

剣淵&忍者軍団がとにかく強く、「こんな連中にどうやって勝つんだ!?」と思わせる展開がイイ!やはり悪役は滅茶苦茶強いのが良いのです。


ただ一人生き残った程天賜、過去に日本に渡って忍術を身に付けたという老師に弟子入りし、打倒忍者の修行を開始する。共に修行に励む兄弟子は王力・朱客・余太平というナイスメンバー(笑)


修行を終え逞しくなった程天賜、剣淵の元へ出向き挑戦状を渡す。この時の程天賜と剣淵のやりとりが良い。

まずは兄弟子達と共に五遁陣との闘いへ






五遁陣を次々破っていく四人



いよいよ剣淵との最終決戦





裏に鋭いスパイク(強力!)を仕込んだ足袋を着用した剣淵。四人が蹴りと薙刀でズタズタにされていく姿はかなりスリリング。




剣淵の攻撃の前に追い詰められていく程天賜達。果たして、この強敵を相手に勝機はあるのか・・・?

出演者の顔ぶれを見ても、殆ど五毒映画と言っても良い感じで(羅莽も出てるし)、五毒の傑作達と比べても何ら遜色無い完成度です。もちろんアクションは折り紙つき。ラストバトルも陳惠敏のアクションが思いのほか素晴らしく、見応え十分で衝撃的決着も満足。個人的には後半、五毒作品でお馴染みの王力・朱客・余太平が大活躍するのが嬉しい。悪役が多い彼らが揃って善玉、そして頼もしい兄貴分として主人公の程天賜をサポートする役どころというのが最高でした♪
強いて難点を挙げれば、後半の修行~五遁陣との闘いの流れがやや駆け足過ぎる点で、この部分はもっとじっくり見たかった。特に、折角前半で物凄く強いという印象を植えつけた五遁陣を修行後いとも簡単に破っていくのは、かなり勿体無かったなぁ。

迷拳三十六招

 

迷拳三十六招/36 Deadly Styles
1979年作品

今回も黄正利出演作を。
『少林寺への道』、『ドラゴン太極拳』、『虎豹龍蛇鷹絶拳』等々でお馴染み郭南宏監督の珍作でございます。ジャッキー映画風の作品に、追加撮影したっぽい龍冠武(マーク・ロン)と龍世家(ジャック・ロン)のほぼ本編に関係のない対決シーンを無理やりくっつけたツギハギ映画で、そのためストーリーは滅茶苦茶。ちなみに本編の登場人物達と龍冠武・龍世家は一度も顔を合わせないという困った作品なのだが、問題はそれだけではなかったりする・・


さて、黄先生登場ですが・・

遠っ!!




ぬゎんとニセモノ。全て不自然な後ろ向きアングル。袁小田じゃないんだから。一応足技を使っているが全く動きが違う。せめて似せなさい。この後ずっと黄正利の登場場面は吹き替え。なんなんだこの映画。


主演の張力。アクションはそこそこだが、のっぺりしたお顔立ちのためかどうも迫力に欠け印象に残らない。


黄先生の舎弟役で出演のボロやん(楊斯)。奇怪なドレッドヘア姿


寺を舞台に繰り広げられるコメディクンフー、そして時折入るニセ黄正利のありがたくないファイトシーンはかなりつまらない出来であります。


そして一時間経過


おぉ本物キター!随分遅かったじゃないですか。しょうもないニセモノ見せられ続けたせいか、やたらカッコ良く見える(笑)

早速挨拶代わりの一発!






ボロやんと黄センセの2ショット



後半、唐突に始まる龍冠武(左)vs龍世家(右)


良くも悪くもベタな功夫バトルを延々と展開。龍世家が勝利するが、あと出てきません(相打ちで死んだっぽい)



師匠・樊梅生の元で修行を積んだ張力、黄正利と畑でのラストバトル




黄先生のアクションは特に見どころ無し。やっつけ仕事なんだろな


形勢不利の張力。ワラをぼんぼん燃やして黄センセの目をくらます


焼き畑農業?



なんだかなぁ・・酷いわコレ。
もうコメント特にありません。
ただ、ヤマンバ風黄先生はちとカッコいい(笑)
2008年11月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | 黄正利

広東館小和子

 

広東館小和子/Duel of The Ultimate Weapons/Soh Hwa-ja of Guangdong Hall
1983年作品

黄正利出演の韓国作品。
『酔拳』等のジャッキー作品に影響を受けたような功夫映画だが、その割に全体的に暗く(ついでにDVDの画質も暗い)爽快感が無い。


顔に大きな傷の黄先生


鬼の形相


颯爽と旅する黄先生。達人を見つけては倒してまわる


この人が主役の劉小田(多分)



アクションは荒削りながら中々エネルギッシュで悪くない。テコンドー主体なのだが、型の修行シーンでは功夫っぽい動きも見せるなど結構奮闘している。しかし存在感・スター性は皆無で線も細く、その辺の功夫映画好きの素人を連れてきたといった感じなのが残念。


黄正利に父親を殺された主人公、小和子なる流浪の達人に弟子入りする

蘇化子のパクリキャラ?小和子。愛嬌、ね~~。演じる俳優の名は小和子さん。まんまじゃねーか。劉小田(多分)さんも小和子さんも全く情報が無く、出演作はコレしか見つかりません。本作だけの芸名かもしれないのでアレですが・・・


ジャッキー映画っぽい修行シーン

修行を終えた主人公、黄正利と最終決戦へ



連続蹴りがビシビシ炸裂


この一見ザコキャラの主人公と黄先生とではやはり格が違う感じ。画的にも釣り合いが取れていないためイマイチ緊張感が伝わらない。




一方的に蹴りまくられていた主人公だが、突然反撃を開始すると黄先生はたちまちグロッキーに。なんか不自然な展開で乗れず。

フィニッシュはサモハン風ドロップキック


う~ん・・・

黄先生は冒頭から蹴りまくりでファイトシーンも多いという事もあり、初見時には結構面白いという感想を持ったが、時間が経ち久々に観たら上記の色々なアラが見えてきてキツかった。作品としてはかなり厳しい出来で、あくまで黄マニア向けの作品といえそう。
2008年11月04日 | Comments(0) | Trackback(0) | 黄正利

仮面復讐拳

 

叉手/Masked Avengers
1981年作品

この作品もいよいよ国内盤が出ますね(『残酷復讐拳』と同時発売)。一度延期になってから長かった・・

※ネタバレ注意
え~本作は一応ミステリー仕立てのストーリーとなっています。国内盤も出る事ですしこれから初めて観るという方、知りたくない方はご注意を。

主な登場人物

左から郭追・江生・錢小豪


左から鹿峰・朱客・王力


いきなり怪しい仮面の男達による襲撃シーンから幕を開ける本作。
インパクトあるオープニングだ。

残忍極まりないやり方で殺戮を繰り返す謎の魔教集団が猛威を振るっていた。彼らは全員不気味な仮面を着けており正体不明の上神出鬼没の為、中々捕らえる事ができない。






三人の幹部は黄金の仮面を着けている


彼らの行方を追う江生とその仲間達は、魔教集団のアジトがあるとの情報を聞きつけ、景陽という街の古い宿を拠点に捜索を開始する。

その後も魔教集団によって仲間が次々殺されてゆく。
錢小豪は、武術を身に付けている宿の料理人・郭追が幹部の一人なのではないかとニラみ動きを監視するが郭追の男気と正義の心を感じ取り、次第に友情が芽生えていく。そして、郭追は錢小豪に自分の過去を明かすのだった。


郭追は以前魔教集団の第二幹部であったが、集団の極悪非道なやり方に反発し脱退していた。


クライマックス、魔教集団のアジトへ乗り込む郭追・江生達

巨大なギロチン状の入り口。他にも色々な仕掛けがしてあって面白い


アジト内部。なんじゃこりゃ


迫力の集団バトル開始




幹部クラスは特製の入場ゴンドラで降りてくる。なんだその無駄に華やかな演出(笑)。おまけに、近づくと壁から矢だの硫酸だのが発射され、入場の邪魔ができないようになっているという念の入れよう。


それぞれが見事な武器さばき。特に朱客の動きが印象に残った



全編に漂う独特のおどろおどろしさ、胡散臭さが気に入ってます。
敵が仮面を着けていて正体が分からないという点など『五毒拳』に通じる部分も。ラストのウエポン戦は素晴らしく、そのスピード感溢れる戦いは目を見張るほど。様々な武器をまるで自分の体の一部のごとく自在に使いこなす出演者達の技量には本当に感服させられる。
2008年11月01日 | Comments(1) | Trackback(0) | 五毒関連
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。