スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

空飛ぶ十字剣

 

千刀萬里追/Dynasty/Ming Dynasty
1977年作品

以前取り上げた『虎拳』と並び、僕が子供の頃に最も幻想を抱き憧れた作品がこの“超立体映画”『空飛ぶ十字剣』です。とにかく、当時の定番書「ドラゴン大全集」等で見た写真がどれもカッコ良く目を引く物だったというのが最大の理由で、細い木の間を壁虎功で登っていく譚道良、そして木の上から番傘を開いて飛び降りる姿、大全集裏表紙の飛び蹴り。他にも、奇抜な武器や風格のある強そうな悪役(白鷹)等々・・大いにそそられ「観てぇよ~!」と一人身悶えておりました。しかし、当時観る術は無く自分の中では長い事幻の作品となっていたのです。それから長い年月の後にようやく観る事が出来たのですが、幻想は見事に打ち砕かれ、ダ マ さ れ た という失望感だけが空しく残ったのでした。僕が観たのはTV放映版だったのですが、TVサイズへのトリミングが酷くファイトシーンでは姿や動きがよく見えなかったり、見物である壁虎功のシーンに至っては足先しか見えない等問題ありまくりで、写真で見たカッコいいシーンは結局殆ど見る事が出来ませんでした。まぁ元々、本で見た写真には本編に無い宣伝スチールも含まれていたんでしょうけど・・


元朝を倒した明朝の支配が続く中国。その明の支配も、絶え間の無い外敵との戦い、内部の反乱等により根底から揺らいでいた。その王朝の中にあって絶対的な権力を振るっている男が白鷹だ。しかし、その白鷹にも大きな悩みがあった。王朝の正当後継者・明王子の存在である。王子は白鷹に反抗する唯一の人物だったからだ。白鷹は、この王子を倒し名実共に王朝に君臨する事を目論んでいた。一方、王子はある寺で追っ手から身を隠していた。その寺で武芸を学びながら育った若者・譚道良はその実力を見込まれ、白鷹を倒すという任務を与えられる。


主演の“フラッシュ・レッグ” 譚道良



芸術的足技も、酷いトリミングのせいでよく見えません



鉄の爪を装着した白鷹。いかにも強いラスボスといった雰囲気を漂わせるカッコいいキャラなのですが、肝心のアクションがショボイのが残念です。



本作は“ウルトラ・キュービック方式”(笑)なる技術を採用した立体映画なので、このようにやたらとカメラに向かって色んな物を突き出す・投げる等のシーンが続出します。


譚師匠の蹴りも画面を飛び出す!


クワガタ鎌?空飛ぶギロチン風に振り回し、敵の首を刈り取ってしまう



出た!壁虎功


見えねぇ~(泣) このシーン楽しみだったのに・・


これが空飛ぶ十字剣だ!



白鷹が着用していた銭帷子を変形させブンブン回し、相手を目掛けて飛ばすというもの






上記のトリミング問題に加え、アクションの方もかなりユルイ出来。譚道良の足技も他の出演作に比べると消化不良感があるし、他の出演者に功夫アクションの巧い人が殆どいないというのも辛いところです。ただ、功夫映画だと思うと物足りないですが、『龍門客桟』タイプの武侠片だと思って観れば結構イケるかも?ストーリーは結構しっかりしているし、作品の雰囲気自体は嫌いじゃないので、この先もしワイドスクリーン版等出るような事があればじっくり観直してみたい気もします。
スポンサーサイト
2009年03月15日 | Comments(6) | Trackback(0) | 功夫

神腿

 

神腿/The Mar's Villa/Wu Tang Magic Kick
1979年作品

“ノーザン・レッグ” “爆笑の右脚” こと劉忠良(ジョン・リュウ)主演の台湾製シリアス功夫片。彼の代表作の一つに数えられる傑作であります。最大の見どころは迫力のラストバトルですが、本作は台湾クンフー映画にありがちなアクション一辺倒ではなく、ドラマ部分における出演者達の演技も中々見事で、深みのある作品に仕上がっています。

“神腿” と呼ばれる足技の名手・劉忠良。ある日、留守中に悪の武術家・高飛の襲撃を受け、多くの門下生を殺され道場の看板も壊される。怒り心頭の劉忠良は高飛の元へ乗り込み、対決の末に殺してしまった。劉忠良の妻(唐寶雲)は、夫が人を殺した事を嘆き悲しむが、劉忠良は妻にもう二度と闘わないと誓いを立てる。そんな劉忠良に、高飛の息子であるトン・ワイが挑戦して来た。トンワイの執拗な挑発にもじっと耐えるも、妻をトンワイと高飛の兄(高飛=二役)に誘拐され自らも囚われの身に。そして拷問を受け発狂してしまう。ボロボロになった劉忠良であったが、使用人・嘉凱の助けで完全復活を遂げ、高飛に最後の闘いを挑むのだった。



渋いオープニング



ジョンリュウさんご夫妻。嫁に関してはコメントを差し控えさせて頂きます



鋭い眼光をとばす高飛。さすがの存在感と迫力です



死んだ高飛弟の息子に扮するトン・ワイ


誘拐してきた劉忠良嫁を愛してしまい悩み苦しむ姿を熱演してます



劉忠良を陰で支える使用人・嘉凱。良いです。ハマリ役です。


拷問を受ける劉忠良

炎天下の野外で檻の中に入れられ、鉄の棒で鉄格子を「チャリ~ン、チャリリ~ン」と掻き鳴らされ続けるというトホホなもの。いや、キツイでしょうけどね。



嘉凱に救出された劉忠良、妻を取り戻すため特訓開始(ロッキー風)


嘉凱の献身的なサポートで、遂に輝きを取り戻す


復活した劉忠良、まずはトン・ワイとの対決

鋭さこそそれほど無いものの、結構綺麗な蹴りを繰り出して応戦するトン・ワイ


が、最後はジョンさんメッタ蹴りで血祭りに


最終決戦、劉忠良&嘉凱vs高飛












ラストの延々と続く死闘は、有無を言わさぬ迫力の名勝負で見応えも十分。殺陣は結構雑な作りなのですが、それががかえって生々しさと臨場感を出す事に成功しています。『南拳北腿』と並ぶ劉忠良のベストファイトと言っていいのではないでしょうか。
2009年03月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 劉忠良

野豹

 

野豹/Wild Panther
追跡/The Pursuit
1984年作品

“台湾の暴れん坊将軍”常山の主演作。ベトナム戦争帰りの元兵士・常山が、国際テロ組織相手に壮絶な闘いを繰り広げる現代アクション物です。台湾B級功夫片を多数手掛けている李作楠監督による台湾作品なのですが、出演者の多くが韓国人俳優・全編韓国ロケという事から実際には台湾・韓国合作のようです。韓国映画のデータベースでは、南奇男(ナム・ギナム)監督 の韓国作品(タイトル『追跡』1983年製作)となっています。

“野豹突撃隊”なる特殊部隊の元隊長・常山は衣料品店を経営し、妻と息子と共に平和な毎日を送っていた。そんな中、国際的テロ組織の標的である世界の主要人物の名が書かれた極秘リストを巡る争いに巻き込まれることに。テロ組織のボスに招かれた殺し屋の韓鷹は以前戦場で常山と闘い、片腕を切り落とされる(その後鉄腕を装着)という因縁の持ち主だ。後にリストの隠し場所を掴んだ常山だったが、韓鷹に最愛の妻子を誘拐され目の前で殺害されてしまう。悲しみに打ちひしがれながらも復讐を決意した常山に、組織の陰謀を阻止する為にやって来た腕利き捜査官の王道が協力を依頼するが、常山はこれを拒否しバトルに。組んず解れつ大ゲンカを繰り広げるが決着はつかず、笑顔で「やるじゃねぇか」「お前もな」てな感じに互いを認め合う二人。学園ドラマか(笑)。そして常山は王道から手渡された地図を基に、テロ組織のアジトへ単身乗り込むのだった。


主演のツネ山さん



こういったタフで骨太な役柄はピッタリで良いです。髪型はアレですが・・。持ち前のパワフルなアクションは迫力十分。その攻撃は手技足技共凄まじく、なんか・・素手で容易に人を殺せそうどす(怖)



本作の王道は心なしか弱々しく精彩を欠いている印象で、ちと病み上がりっぽく見えたりします。
常山とのバトルシーンにおいては、最後疲労困憊で息も絶え絶え。ゼーゼーいってる姿が痛々しかったです。多分演技ではありません。





常山を助ける特殊部隊時代の部下に扮するのがコリアン功夫等でよく見るミン・ボッキ嬢。アクションにお色気?にと体当たり演技で大奮戦する姿に思わず惚れそうになりました(笑)。この人って、こんなに気合の入ったアクションやるんですねぇ。美人さんですがメイク濃すぎるのがちょっと・・



冷酷非情な殺し屋・韓鷹(イーグル・ハン)。女子供だろうと全く容赦せず、DV夫の如くボコりまくる姿には戦慄すら覚えます。



常山vs王道は古き良き青春ドラマ調


大ゲンカの果てに


二人は仲良し


ラストは常山と韓鷹のド迫力バトル

ロボハンド炸裂






クライマックス、常山のハイアングル三角跳び




お見事!


決して出来が良いとは言えないし突っ込みどころは多々ありますが、B級パワーを感じさせる作品で結構気に入ってます。やはり見どころは常山のハードなアクションで、一部リアル・ヒッティングのガチバトルは凄まじいの一言。ボッキ嬢の健闘と、韓鷹の恐い悪党ぶりも本作を盛り上げてます(王道は・・・)。常山ファンは必見の一本です。
2009年03月03日 | Comments(4) | Trackback(0) | アクション
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。