スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ドラゴン太極拳

 

太極元功/太極氣功/Born Invincible
1978年作品

僕の少年時代にTVで放映された郭南宏監督の傑作功夫片です。
当日、新聞のテレビ欄で『ドラゴン太極拳』というタイトルを見つけた時は、「太極拳?うーん・・」と思ったものでした。ご老人達が公園でやっているゆったりした動きのアレを想像し、何かピンとこなかったんですよねー。しかし当時はとにかく功夫映画に飢えており、あまり食指は動かなかったもののとりあえずチャンネルを合わせました。すると想像を遥かに超える面白さにグイグイ引きつけられ大興奮し、翌日学校では一部の間で大きな話題に。校庭にインチキ八卦陣を足でズリズリ描き高笑いする野郎も現れる始末でした。そんな楽しい思い出の詰まった一本なのであります。

長年の修行によって、自分の体を打撃も剣も通じない鋼鉄の体にする技・鐡布杉を身に付けた銀魔王(黄家達)とその相棒・金魔王(羅烈)に師匠の龍飛を殺され道場も潰された龍世家ら門下生。復讐を挑んだ龍世家、金魔王は倒すも銀魔王はやはり強過ぎ返り討ちに。二番弟子の萬山も倒され、残った三番弟子・龍冠武が戦いに向け修行に励むも相手は不死身の体。弱点を見つけない限り勝ち目は無い。果たしてその弱点とは・・・



幼い頃から修行に明け暮れ、超人的な強さを身に付けた銀魔王。
功夫映画屈指の名悪役キャラと言って良いでしょう。



こちらは羅烈扮する金魔王。ノコギリ状の刃を仕込んだトンファーを愛用。
銀魔王程の実力はありません。


龍飛・蘇真平を地獄のツープラトンで倒し、道場の看板も破壊して去る極悪コンビ。


残された龍世家以下門下生は、復讐と道場の再建を誓う。







金魔王をなんとか倒し、銀魔王との闘いに臨んだ龍世家だったが苦しい戦いに。そして銀魔王は遂に奥義 “八卦の術 ”(四門八卦)を出してきた!足で地面に八卦陣を描き、その中心に入る事によって宇宙パワーを吸収し無限の力を得るというもの(適当)で、一度中に入った相手は生きて出られないという恐ろしい技の前に龍世家も敗れ去る。


続いて打倒・銀魔王に名乗りを上げたのが二番弟子の萬山。
早速特訓に入りますが、身に付けた技は誰もが失笑し突っ込んだであろう銀玉飛ばし(笑)
肺活量を極限まで鍛え、口に入れた大きな銀の玉を ポン!と飛ばして攻撃するというもの。
まぁ、発想はユニークですが・・どう考えてもそんなんであの銀魔王さんに勝てる訳が無く、
あっさり撃退されました。一命は取り留めたものの再起不能になり、その後はコーチ的存在に。


上カカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカカ♪
銀魔王さんが敵を倒した時に出る、ご満悦の高笑い。かなりのハイトーン。

尼僧の一言アドバイスにより銀魔王の弱点(実はコレ)を掴んだ龍冠武。
修行を積み最終決戦へ。果たして弱点を突き勝利する事は出来るのか?







とにかく面白いの一言。こんなに人気のある傑作が、信じられないことにこれまで国内未ソフト化という悲しい状況。ここのところ以前では考えられなかったようなマイナー作品の嬉しい国内リリースが実現しているという事もあり、本作もそろそろ出してほしいと切に願います。できれば日本語吹き替え付きがいいなぁ。
スポンサーサイト
2009年06月07日 | Comments(3) | Trackback(1) | 功夫
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。