スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

帰って来た雙龍

 

帰って来た雙龍/The Leopard Fist Ninja/The Return of Twin Dragons
1981年作品


当ブログ一押しスター(笑)・ゾノさんこと林子虎(ジャック・ラム)の主演作。
悪の日本人に両親を殺され、別れ別れになった兄弟が再会し力を合わせて復讐の為に闘うというストーリーのコリアン功夫映画です。

幼い頃、日本人・ゲンジに両親を惨殺された林子虎・白黄基の兄弟。復讐の為厳しい修行の日々を送り、長い年月が経った。師匠は上達著しい林子虎を、更に高度な技を習得させる為別の師匠の元へ旅立たせる事にした。


次の修行先は極寒の地。風邪ひくなよ

修行に励む林子虎の元に、故郷の師匠より「すぐ帰れ」との手紙が届く。祖父がニシヒロなる日本人に捕らわれてしまったのだ。地元へ戻った林子虎、祖父を取り戻す為ニシヒロの屋敷へ。テコンドーキックをバシバシ繰り出すお侍さん達を蹴散らす林子虎。そこへ現れた弟・白黄基の助けによって祖父を救い出す。


今度はゲンジ&インチキ外人軍団に襲撃される林子虎

l


弱そうな外人軍団の前にピンチに陥るも、再び駆けつけた白黄基に助けられる


豆タンク・白黄基、珍しく主役級です

厳しい修行に耐えられず逃げ出し行方不明になっていた白黄基。逃げた事を謝罪する弟を一度は突き放す林子虎だったが、反省し雪の上にずっと座り続ける姿に心を打たれ兄弟の絆を取り戻す。

ニシヒロ(趙春 左)はゲンジ(金有行 右)に林子虎の始末を依頼する

一度見たら忘れられない悪役コンビ。韓国の悪役はインパクトあるねぇ。それにしてもゲンジとニシヒロて(笑)


ゲンジは林子虎の祖父と師匠を殺害、師匠の娘を連れ去ってしまう。林子虎は白黄基、以前旅の途中助けた女拳士と共に再びニシヒロの屋敷へ乗り込む。



林子虎のテクニカルな足技が冴える


兄弟ダブルキックでゲンジを倒す

逃走するニシヒロだったが

命乞い(笑)も空しく・・


師匠の娘も無事救出し劇終

個人的には結構好きなのだが、出来としてはイマイチかなというのが正直な感想。白黄基は珍しい主役級で頑張っているがちょっと華が無いし、悪役の二人は良い味を出しているもののアクションはそれ程でもないので最後の闘いは物足りなさが残る。結局見所は林子虎のアクションのみといった感じ。本作では足技だけでなく、結構功夫っぽい動きも披露しておりクンフースターとして優れたところを見せている。動きは華麗だし存在感もあるので、黄正利や王虎のように香港映画でも十分通用したと思うのだが・・・
気になったのが、途中本編に関係の無い嘉凱がいきなり現れて林子虎との対決シーンが始まったと思いきや、決着もつかぬまま他の場面に切り替わるという意味不明なフッテージ。なんだろコレ、別作品からのツギハギか追加撮影?
2008年07月27日 | Comments(0) | Trackback(0) | 韓国作品
コメント

管理者だけに表示する
«« 雑技亡命隊 | HOME | 四大門派 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。