スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

五大弟子

 

五大弟子/Dragon Lee vs. the Five Brothers/The Five Disciples
1978年作品

巨龍(ドラゴン・リー)主演の韓国作品。
レビューの為キャプしながら久々に観たのだが、あまりのつまらなさに一瞬中止しようと思ったものの折角なのでやります。


この作品、最初は巨龍にいつものバケモノ然とした威圧感がそれほど無く、爽やか?な笑顔もあったりしてちょっと印象が違う。


饅頭を喰う巨龍


しかし、それは嵐の前の静けさだった・・・
十数分経過したであろうか。突然それは始まった。

「ホチョー!ホチョチョチョホチョチョホチョホチョー!」

「ホッチョチョチョ!ホチョホチョホチョチョチョホチョホッチョチョチョホチョホチョホチョホチョホチョホチョチョチョホッチョホチョホチョチョチョホチョホチョホチョー!!」

「ホチョオォ~!ホチョー!イヨォオ~~!!」(ブルブルブル)


えーい、やかましぃわ~~~!!


なんか降りてきたようです。
辮髪姿でホチョホチョ叫ぶ巨龍。あ、あれだ、ブルース・リーの『細鳳』。あれがもし作られていたらこんな感じになったのではないかというのを狙ったのか・・って、んな訳ねーだろ!


巨龍といえば皆が思い浮かべるのはこんな画では?(有害指定)



オエェ~!


巨龍を助ける女拳士役で出演の元秋

かぶっている笠は空飛ぶギロチンのような武器に


ラストはこの二人とのバトル

崔旻奎(マーティン・チュイ)。巨龍との競演多し


李芸敏。「おじいちゃん逃げてー!」


どう見てもラストバトルの画像に見えません


グダグダのラストバトル。巨龍の怪鳥音だけが空しく響く

つまらないこと山の如しといった感じの酷さでした・・・。
僕も含めてこういう映画を自ら望んで観る人というのは、初めから映画作品としての完成度なんぞ求めていないと思うのだが、それにしても辛すぎる出来だ。出演者も華の無い人ばかりだし肝心のアクションもかなりレベルが低い。山場も皆無。普通の人は途中で爆睡するだろうなぁコレ。


スカッとしませんでした。
2008年08月09日 | Comments(0) | Trackback(0) | 韓国作品
コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。