スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

忍無可忍(借刀殺人韓国版)



忍無可忍/The Swordsman
1980年作品  

前回取り上げた『借刀殺人』には、一部編集の異なる韓国バージョンが存在する。その韓国版、英EasternHeroes盤DVDの特典映像(全編収録!)で見る事ができたのだが、中々興味深い内容だった。

オープニング

香港版にあった、男が悪党達に追われている場面がカットされ、いきなり現れるとその男から財布を強奪し逃走する黄先生。ちょ、伏線無視(笑)普通にドロボーじゃないですか。おまけに映像と合わないのどかな感じのBGMが流れていて拍子抜け。緊張感ねえ~。


で、追ってきた悪党達との戦闘スタート。「ァイヤー!」てな感じの韓国功夫映画特有の気合いを発しながら悪党達を蹴散らすと、男に財布を返す黄センセ。???盗っ人と思いきやイイ人て・・・変わった演出だ。


寺修行フッテージでは、香港版未収録のアクションシーンが見られるのだが、これが結構質の高いアクションで楽しめた。




型の稽古をする黄先生






寺の館長・張莽のユニークな動きの拳法。ニワトリ拳?

韓国版のみ収録のアクションシーンは楽しめたものの、全体を通して雑な編集が目立ち出来はイマイチ。とにかくドラマ部分は切ってしまう傾向にあるようで、個人的に本作の目玉だと思っている寺修行編のコメディクンフー的シーンがバッサリカットされているのは痛かった。作品として見ると、香港版よりは明らかに劣るという印象。でも、どこか味があって嫌いではないですが。
2008年06月02日 | Comments(0) | Trackback(0) | 黄正利
コメント

管理者だけに表示する
«« 忍者門殺手 | HOME | 借刀殺人 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。