スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

腹拳

 

腹拳/The Snake Strikes Back /Dae-bok's Martial Arts
1980年作品


そのインパクトあり過ぎな英名のおかげで妙に知名度だけはある鄭眞化(エルトン・チョン)主演のコリアンクンフー。これがとんでもない作品でありまして・・・

「太極練武館」なる道場で武術を学ぶ鄭眞化、うだつが上がらず兄弟子にイビられる毎日だ。ある日、道場主(金珠)が太極秘法の書を狙ってやって来た三悪人(韓鷹・朴鍾国・金旭)に殺されてしまう。復讐を誓った鄭眞化は、町の人々から達人と崇められる異様に腹の出た老人に弟子入りするのだった。


三悪人のボス・韓鷹(イーグル・ハン)。武術指導も担当


鄭眞化を何かと気に掛け助ける金明兒。クールな印象の美人で、アクションもどこか気品を感じさせる。


太鼓腹の師匠役は『武林乞食道師』で鄭眞化と死闘を繰り広げた王龍(マイク・ウォン)。この役柄はちょっと反則気味(笑)


変な修行開始




修行も佳境に入り、鄭眞化に秘伝の技を伝授する事にした王龍師匠。まずは自らデモンストレーションを。この作品最大の衝撃シーンが始まる。

どりゃ~!




どっかぁぁ~ん!!(爆) 木、粉々


「決まった・・・」って、真顔はやめなさい真顔は(笑笑)

・・・・・・ポカーン
くだらね~!(笑) 腹拳ってそういうことか。その発想はなかったワ。こんなアホな事を真剣にやっているのが素晴らしい。その王龍師匠、金旭の襲撃を受けバトルになるが修行用の障害物(鋭い竹の山)へ落下しあえなく自滅・死亡。アンタおいし過ぎるわ。

駆けつけた鄭眞化と金明兒に、待ち伏せしていた金旭が襲い掛かる。しかし鄭眞化の敵ではなかった。続いて朴鍾国との戦い。テクニカルな足技を繰り出す朴鍾国に苦戦するも得意の三連続三角飛び(エルトンスペシャル)で倒し、ついに最後の敵・韓鷹との決戦へ。






追い詰められた鄭眞化だったがその時、突然腹がドンドン膨らんできた!そして遂に師匠譲りのアレが炸裂。どっか~ん!!

喰らった韓鷹、大ダメージでズタボロ状態。物凄い威力だ(笑)

虫の息の韓鷹を更にボコって劇終


バカバカしくて結構面白かった。
この作品はもう腹拳のアイデア一発勝負といった感じ。これを許せるか、「ふざけるな!」と取るかで評価が変わってくる作品かと。とにかく王龍師匠が強烈で、オイシイ所を全部持っていったという印象。名物キャラとしてシリーズ化されてもおかしくなかったような。韓鷹の手によるアクションもしっかりしているし、コメディクンフーとしても水準以上の出来と言っていいのでは。『メタボクンフー腹拳』のタイトルで国内盤出ないかな(出ません)。
コメント
mightさんのレビューを読んでから、観直してみたら笑いが止まらないです(笑)
「ぼょ~~ん!」っていうお腹の音もマヌケで笑えます♪

王龍さんは、お爺さんを演じるのが好きなんでしょうか。
『ニンジャ・ハンター』では若すぎて、同一人物だと分かるまで時間かかりました(笑)
ほんとこのキャラでシリーズ化してほしかったですよね。
できれば途中で死んでほしくなかったな~
後半は少しダークですね。
李梨 URL 2009年02月19日 21:50:52 編集
■ 李梨さん

>「ぼょ~~ん!」

わははは(笑)ベタな音なんですよねーこれが。力抜けますわ。
確かに「えぇっ!死ぬんかい!?」とか思いました。殺しちゃダメだろと。
ホントいいキャラだったんで『帰ってきた腹拳』とか作って欲しかったなぁ。
この人、普通キャラだとあんまり個性無いんですよね。んで、『少林寺厨房長』の全然ジジイに見えないヤツとか本作のメタボ師匠みたいな反則技に走ってしまうのかな(笑)『ニンジャ・ハンター』では結構いい動きしてましたね。羅鋭とのコンビも悪くないと思いました。
might URL 2009年02月20日 00:25:59 編集

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。