スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

激突!魔拳塾



Devil Killer/Ninja Exterminators
1980年作品

ロバート・タイ監督のフィルマーク製ニコイチ映画。
唐龍(羅鋭兄の方)&柯受良主演『擒兇』(1974年)なる作品に、追加撮影した羅鋭と程龍の出演シーンをくっつけたものだ。


一応主役の羅鋭(アレクサンダー・ルー)。身体能力の高さを感じさせるアクションを披露している


韓国のニセジャッキー・程龍(英語クレジットではジャッキー・チャンw)
わージャッキーそっくり(棒読み)

前半の主役はこの人たち



モッサリ系の空手アクションがなんとも映えないズングリムックリ唐龍


打点の高い派手な蹴りを連発する柯受良(ブラッキー・コー)

この唐龍・柯受良パートは、いかにも70年代前半といった感じの古臭く洗練されていない功夫映画で、アクションはイマイチだし主役の二人もパッとしない為、かなりキツイ出来。しかも50分くらいあって苦痛だ。


唐龍と柯受良が途中死亡し(ムリヤリな編集で殺されたように見せている)、やっと羅鋭と程龍が登場。ようやく盛り上がりを見せる本作なのであった。




羅鋭のアクションはさすがに見応えがあり、後半は結構楽しめる


そしてこの作品といえばコレ!



個人的に本作最大の見せ場だと思っている羅鋭のシルバーヌンチャク。
たまにこのシーンだけ見たくなる。


ラストは敵のボス・徐忠信とのバトル








昔国内版ビデオで初めて観た時、前半と後半の作品色の違いに唖然としたものだ。まるでオムニバス映画かと思った。とにかく前半の唐龍パートがつまらなく、何故こんな古臭く野暮ったい映画とくっつけたのかが疑問だ。羅鋭兄弟共演という図式にしたかったんだろか?後半のアクションで盛り返すものの、羅鋭作品としては『ニンジャ・ハンター』『忍者大戦』あたりと比べるとかなり落ちる。
2008年08月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 功夫
コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。