スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

密命客





密命客/Secret Envoy/Secret Agent
1976年作品

若き日の王虎(カサノバ・ウォン)と黄正利(黄泰洙名義)共演の韓国作品。日本軍とカサノバら愛国者達との戦いを描いたアクション映画です。


中々味のあるオープニング




とある寺で武術の修行に励むカサノバ達


カサノバと鄭眞化(エルトン・チョン)。若い


黄先生はいつもヘラヘラしている酔いどれ男の役なのだが、途中でシリアスモードに。どうやら酔いどれ野郎は世を忍ぶ仮の姿だったらしい。




日本軍との最後の戦いに向かうカサノバ・鄭眞化達を追いかける黄先生


一緒に闘うから連れてってくれと言ってるようです


貴重な2ショット


クライマックス、河原での乱闘シーン











闘い終わって・・・何か妙な画だな

仲間の元へ戻ってみると、エルトン達いつの間にか皆死んでました。で、許嫁?と共に小船で去ってゆくノバさんを黄先生が「さよ~ならー」とか見送って劇終。

アクションの方はかなりテキトーというかユルい。とりあえず勝手に蹴り合っているような感じで、「おぉ!」と思わせるようなシーンが一つも無かった。この頃はまだ武術指導の技量も未熟だったのだろう。そこは目をつぶって、王虎・黄正利・鄭眞化達の初々しい姿を見られるだけでも貴重な作品と言えそう。

コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。