スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ドラゴン修行房

 

虎鶴雙形/Tiger and Crane Fist/ Savage Killers
1976年作品


“天皇巨星”王羽(ジミー・ウォング)監督・主演の正統派(でもないけど)功夫映画。この作品、昔夜中にやたらとTVでやってた記憶がある。


共演は劉家榮(ラウ・カーウィン)。元々実力者なのだがジミーさんがアレな事もあり、いつにも増して動きが良く見える(笑)




王羽と劉家榮による少々オマヌケな虎拳・鶴拳の演舞オープニング。
ジミーさんの○○○○な動きにまずは一笑い。

冒頭、武術界制圧を目論む龍飛(ロン・フェイ)に追われる虎拳師匠とその弟子・王羽。必死に抵抗するも、龍飛の操る熊手付投げ縄の前に師匠は重傷を負ってしまう。なんとか逃げ出した二人は、旧知の鶴拳師匠の元へ。本来、虎拳と鶴拳は一つの拳法だったが、二人の師匠が若かりし頃にどちらが優れているかで張り合い競った末、それぞれの流派に別れて絶縁状態になっていたのであった。虎拳師匠は、過去の事は水に流し虎鶴拳を復活させなければ龍飛は倒せないと言い残し息を引き取る。

こうして、王羽と鶴拳師匠の弟子・劉家榮は協力して互いの技を学ぶ事となった。


真面目に技術交流を図る王羽に対し劉家榮は、「鶴拳は最強。虎拳なんか必要ない」と反発。ヤル気無しでこの態度。


ジミーさんの爆笑鶴拳


チョイ役で五毒の郭追(左)が出ている。龍飛に果敢に立ち向かうも瞬殺され、見せしめの為死体は逆さ吊りに・・ムゴい。


本作のラスボス・龍飛は強力な熊手付投げ縄に加え、一切の攻撃を受け付けない鋼鉄の体を持つというかなり強い敵。だが二箇所弱点の急所があって、なんともご丁寧にその部分に三角形の鉄鋲が装着されていてバレバレ状態なのだ。

そんな強敵・龍飛の前に鶴拳師匠も殺され、劉家榮が師匠の敵討ちを挑む。必死に弱点の鉄鋲を外そうとするも、なかなか取れず結局返り討ちにあってしまう。


師匠と劉家榮の復讐の為、打倒龍飛の修行を開始する王羽。街の鍛冶屋に龍飛の鉄鋲に似せた金具を発注し、それを木人に設置して抜き取る特訓。

さんざんぱら特訓した結果、ようやく鉄鋲を外せるようになったジミーさん。ベアークロー対策も編み出し、あとは龍飛を倒すのみ。

いよいよ決戦の時

導火線で出来たロープを龍飛の熊手投げ縄に絡みつかせて点火するという結局いつものジミー戦法(笑)。ハイ、これでベアークロー使えなくなりました。


闘いは続く。狙うは弱点の鉄鋲だが・・取れねぇ~


秘策!鶴拳ジャンプ


遂に取ったどー!!・・が、相打ち。これは効いた


「わはははは!」と爆笑する龍飛。その直後血がピュ━━━━!!! そして絶命。おいおい・・


だがジミーさんも致命傷を負って・・・って、お~~い!アンタ何入れてんだ(笑)

感想と致しましては、なんというか・・やっぱりジミーさんに○○拳スタイルの功夫アクションは無理があるなと(笑)面白いからいいけど。武術指導の劉家榮も結構大変だっただろうなぁ。正統派功夫映画のはずが、結局終わってみればキワモノ映画になってしまっているのはさすが天皇巨星というべきか。
2008年09月29日 | Comments(0) | Trackback(0) | 功夫
コメント

管理者だけに表示する
«« 唐山五虎 | HOME | 密命客 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。