スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

唐人票客



唐人票客/The Screaming Tiger
1973年作品

“天皇巨星”王羽(ジミー・ウォング)が日本を舞台に大暴れ!
故郷の漁村を日本人によって全滅させられたジミーさん、復讐相手を探して日本へやってきた。立ち寄った町は祭りの真っ最中。




賞金相撲大会に出場したジミーさん、功夫?を駆使して優勝するが、力士達に因縁をつけられ大立ち回り。

前半はいかにも外国人発想という感じのインチキ日本を舞台にユルイ展開が続き、観るべきところも無くかなりつまらないので睡魔に襲われる事うけあい。でも耐えましょう、後半スゴイですから。




仇である日本人武道家・龍飛とのラストバトルが圧巻なのだ




走っている機関車上でのバチバチバトル!


貨車から貨車へ飛び移る(トランポリン使用)。なんてデンジャラスな


お~い!


落ちるって!




列車から飛び降り、今度は鉄橋の上での闘い。だから落ちるって




最後は激流の中で両者ボロボロになりながらのバトル。ジミーさん、蹴り本当にボコボコ当ててます


岩石(ハリボテ)で一撃、普通死にます

最後は龍飛が滝に転落し劇終。いや~凄かった、お疲れ様でした。

初めて観た時は後半ポカーンと口開けて見てたなぁ。73年にこんな無茶なアクションシーンを撮っていたという事に驚いた。ご無事でなによりです。一歩間違えば死、しかもノースタント。今の俳優は絶対やらないだろう。つまらない前半を耐えて(または早送りして)観るだけの価値は十分あるというか必見!
2008年10月28日 | Comments(0) | Trackback(0) | 功夫
コメント

管理者だけに表示する
«« 仮面復讐拳 | HOME | 龍之根 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。