スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

迷拳三十六招

 

迷拳三十六招/36 Deadly Styles
1979年作品

今回も黄正利出演作を。
『少林寺への道』、『ドラゴン太極拳』、『虎豹龍蛇鷹絶拳』等々でお馴染み郭南宏監督の珍作でございます。ジャッキー映画風の作品に、追加撮影したっぽい龍冠武(マーク・ロン)と龍世家(ジャック・ロン)のほぼ本編に関係のない対決シーンを無理やりくっつけたツギハギ映画で、そのためストーリーは滅茶苦茶。ちなみに本編の登場人物達と龍冠武・龍世家は一度も顔を合わせないという困った作品なのだが、問題はそれだけではなかったりする・・


さて、黄先生登場ですが・・

遠っ!!




ぬゎんとニセモノ。全て不自然な後ろ向きアングル。袁小田じゃないんだから。一応足技を使っているが全く動きが違う。せめて似せなさい。この後ずっと黄正利の登場場面は吹き替え。なんなんだこの映画。


主演の張力。アクションはそこそこだが、のっぺりしたお顔立ちのためかどうも迫力に欠け印象に残らない。


黄先生の舎弟役で出演のボロやん(楊斯)。奇怪なドレッドヘア姿


寺を舞台に繰り広げられるコメディクンフー、そして時折入るニセ黄正利のありがたくないファイトシーンはかなりつまらない出来であります。


そして一時間経過


おぉ本物キター!随分遅かったじゃないですか。しょうもないニセモノ見せられ続けたせいか、やたらカッコ良く見える(笑)

早速挨拶代わりの一発!






ボロやんと黄センセの2ショット



後半、唐突に始まる龍冠武(左)vs龍世家(右)


良くも悪くもベタな功夫バトルを延々と展開。龍世家が勝利するが、あと出てきません(相打ちで死んだっぽい)



師匠・樊梅生の元で修行を積んだ張力、黄正利と畑でのラストバトル




黄先生のアクションは特に見どころ無し。やっつけ仕事なんだろな


形勢不利の張力。ワラをぼんぼん燃やして黄センセの目をくらます


焼き畑農業?



なんだかなぁ・・酷いわコレ。
もうコメント特にありません。
ただ、ヤマンバ風黄先生はちとカッコいい(笑)
2008年11月08日 | Comments(0) | Trackback(0) | 黄正利
コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。