スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

少林拳対五遁忍術

 

五遁忍術/Five Element Ninjas/Chinese Super Ninjas
1982年作品

張徹後期の傑作。大のお気に入り作品なのでありますが、ようやく天映娯楽盤DVDがリリースされ狂喜していたところなんと国内盤が出るというではないか。まさかコレが出るとは思いもよらなかった。いやーめでたい!


冒頭、「本編に登場する忍者のコスチュームと武器は、すべて日本の歴史的文学(文献名らしいものが幾つか明記されているが・・)に基づいている」とのナレーションがある。真偽の程は不明だが、確かにこの作品に登場する忍者は他の功夫映画の忍者に比べ結構リアルっぽくて、使う武器や道具もカッコいい。



対立する二つの党派による決闘が始まろうとしていた。勝った方の党首が武術界を仕切ることを条件に、双方の代表達が闘いをスタート。程天賜・羅莽・龍天翔らが属する側が優勢で、相手方は助っ人として桑田という日本の侍を投入する。結構強い桑田さんだったが、羅莽との勝負に敗れ去る。そして、友人で“忍者之王”と呼ばれる達人・剣淵夢道なる人物に復讐を託した手紙を残しその場で切腹。その後、剣淵より挑戦状が届く。“五遁陣”なる戦術(金・木・水・火・土という五つのフォーメーション)を擁する忍者軍団との戦いが始まった。








火  五遁陣の前に次々やられていく仲間達


遂に姿を現した“忍者之王”剣淵夢道

扮するは陳惠敏(チャーリー・チャン)。堂々の存在感をみせている。『残酷復讐拳』の陳觀泰同様、ビッグネームの彼が強い悪役を演じる事によって作品も締まるし、比較的地味な善玉達との闘いがより緊迫感を増す。


剣淵は程天賜達の元へくの一・純子を送り込み、内部の事情を探らせる。そしてある夜、遂に攻撃の火蓋が切って落とされた。




圧倒的な兵力の前に、党首以下仲間達は全滅。羅莽はジュンコさんの色仕掛けに油断したところを“花下剣”なる技で致命傷を負わされながらも奮闘するが遂に力尽きる。

剣淵&忍者軍団がとにかく強く、「こんな連中にどうやって勝つんだ!?」と思わせる展開がイイ!やはり悪役は滅茶苦茶強いのが良いのです。


ただ一人生き残った程天賜、過去に日本に渡って忍術を身に付けたという老師に弟子入りし、打倒忍者の修行を開始する。共に修行に励む兄弟子は王力・朱客・余太平というナイスメンバー(笑)


修行を終え逞しくなった程天賜、剣淵の元へ出向き挑戦状を渡す。この時の程天賜と剣淵のやりとりが良い。

まずは兄弟子達と共に五遁陣との闘いへ






五遁陣を次々破っていく四人



いよいよ剣淵との最終決戦





裏に鋭いスパイク(強力!)を仕込んだ足袋を着用した剣淵。四人が蹴りと薙刀でズタズタにされていく姿はかなりスリリング。




剣淵の攻撃の前に追い詰められていく程天賜達。果たして、この強敵を相手に勝機はあるのか・・・?

出演者の顔ぶれを見ても、殆ど五毒映画と言っても良い感じで(羅莽も出てるし)、五毒の傑作達と比べても何ら遜色無い完成度です。もちろんアクションは折り紙つき。ラストバトルも陳惠敏のアクションが思いのほか素晴らしく、見応え十分で衝撃的決着も満足。個人的には後半、五毒作品でお馴染みの王力・朱客・余太平が大活躍するのが嬉しい。悪役が多い彼らが揃って善玉、そして頼もしい兄貴分として主人公の程天賜をサポートする役どころというのが最高でした♪
強いて難点を挙げれば、後半の修行~五遁陣との闘いの流れがやや駆け足過ぎる点で、この部分はもっとじっくり見たかった。特に、折角前半で物凄く強いという印象を植えつけた五遁陣を修行後いとも簡単に破っていくのは、かなり勿体無かったなぁ。
コメント

管理者だけに表示する
«« 虎拳 | HOME | 迷拳三十六招 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。