スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

猛男大賊胭脂虎

 

猛男大賊胭脂虎/Image of Bruce Lee/Storming Attacks
1978年作品

前回レビューした『蛇珠』での王女役が印象的だった丹娜(ダナ)嬢。自分の中でプチブレイクの兆しであります。と、いいつつ本来こういう感じのフェロモン過多な人はあまりタイプじゃなかった事もあり、これまで何度か目にしていた筈なのだが全く記憶に無かった。てな訳で「他に出演作、家になかったっけか?」と探してみたら・・・あった(笑)。またまた何宗道主演のパチモンブルース・リー映画でした。


国際的偽札組織壊滅の命を受けた敏腕刑事・何宗道とヒゲの相棒・張雷が、組織のボス・韓英傑とその息子・張午郎らと闘いを繰り広げるというストーリーの現代刑事アクション。


死亡遊戯トラックスーツ風?の中途半端なジャージ


何宗道&張雷の稀に見る地味コンビ


ダナ嬢は、東京からやって来たインターポールの潜入捜査官役。本作でも必要以上にセクシイなシーン続出。

こんなシーンも


「あらアナタ、ブルース・リーに似てるわねぇ。
映画に出ればいいのに」
 だと(笑)




・・・・・・ですよね~


さて、ラストは韓英傑・張午郎vs何宗道・張雷・丹娜







何宗道のアクションは例のごとくソツはないもののキレが以下略


ダナ嬢もバトルに参加。長身なので映える

エンディング

東京へ帰るダナ嬢を空港までお見送り


悪くないけど残らないなあ。
肝心の何宗道&張雷のコンビに魅力が無いのが辛い。個性の弱い地味キャラを二人並べてしまったのは失敗かと。『蛇珠』みたいな飛び道具的バカ映画と違い、本作のようなストレートな刑事アクション物では、主役とその相棒の個性(キャラ立ち)が一番重要になってくると思うので。アクションはベテラン韓英傑や協利のエース張午郎、そしてボロ楊斯など実力のある人が揃っている為そこそこの出来ではあるのだが、どうも何宗道のモッサリ具合が伝染したかのように皆精彩を欠きパッとしない印象。協利電影作品という事もあり、しっかりした出来の一本であるのは確かなのだが、映画としての完成度が高ければ良いというものでもないんだなぁと痛感した次第。ダナさんは良かったです(笑)
コメント

管理者だけに表示する
«« 山東の水売り | HOME | 蛇珠 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。