スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

山東の女水売り



山東の女水売り/7 Star Grand Mantis/The Woman Water-seller in Sandong
1983年作品

前回レビューの『山東の水売り』(82)に続いて83年に製作された続編もしくは姉妹作。前作に続き、徐炳憲(ベニー・ツイ)と韓鷹(イーグル・ハン)のアホ師弟が活躍するコメディ功夫。本作はそのコメディ部分が更に強調され、バカ映画度が飛躍的にアップしている。これでもかとばかりに繰り広げられるアホなシーンの数々に、当時の劇場は抱腹絶倒となっていたのかどうかは定かでない。


今回もほのぼの師匠役が良い感じの韓鷹と、その弟子ベニーさん

村の豚運び競争に出場した徐炳憲、韓鷹爺さんの助けで見事優勝し賞金をゲット。意気投合し行動を共にする二人、ひょんな事から水売りの娘(ソン・ジョンア)と知り合い仕事を手伝う事に。


湖で水を汲んでいるとチンピラ達が因縁をつけてきた。「ここはワシらの場所だ」と嫌がらせに桶の水を奪って飲み始めると、徐炳憲と水売り娘も対抗して一気飲み!

飲んでる時の効果音が凄い


ビヨ~ン ビヨョ~ン べヨョヨ~~ン

ビ~~ン ブイィィ~ン ブイィィ~~~ン

くだらね~(笑)不覚にも笑ってしまった。あ!これ着音に・・やめとこう


桶の水を飲み干した二人は妊婦さんのような腹に。毒霧攻撃


水売り娘ジョンア嬢の奮戦でチンピラ共を撃退


もう一丁アホシーン

韓鷹銅人(笑)


気を取り直して・・
本作でも切れ味抜群の功夫アクションを披露する韓鷹



このシーンは中々良いバトルなのだが、度々同じ場面が使い回しで繰り返し出てきてゲンナリ。


ラストバトル

長年自分を狙っていた悪のボス(前作のラスボスと同じ人)&手下の権成榮と闘う韓鷹。ピンチに陥ったところへ徐炳憲と水売り娘が駆けつける。


ラスボスに池へ蹴り落とされる二人



溺死?


と思いきや、なんと池の水を飲み干してしまう
そして、飲んだ水を噴射して攻撃!


放射能火炎・・ではなく水です


ホース見えそう。なんちゅう画だ(笑)


一斉放水を受けるラスボス。これは強烈だ


てな感じで、とにかく笑わせてやろうという意向とは裏腹に、出てくるのは失笑ばかり・・。笑いに力を入れた分アクションは『山東の水売り』よりパワーダウンしており、見事な足技を披露していた徐炳憲も本作ではほとんど見せ場なし。ただ、韓鷹は相変わらず素晴らしい動きを見せており、癒し系ナイスキャラと相まってまさに「良い仕事してますね~」
2008年12月09日 | Comments(2) | Trackback(0) | 韓国作品
コメント
こんにちは。昨日『山東の水売り』にコメントしましたウルボです。

この映画の馬鹿さ加減、足に来ますね(笑)。溜池の水を飲み干して放水といい、金粉塗りたくって熱演といい、ホントにしょーもない場面の連続ですね。この“山東”シリーズって海外ではけっこう人気みたいですが…本場韓国の人たちはこの映画を観てどう思ったか知りたいです。日本でも『ミネラル・モンキー 水拳』とか『ウォーター・カンフー 放水拳』みたいな安いタイトルでDVD発売希望します(笑)。
ウルボ URL 2009年02月22日 09:36:36 編集
■ ウルボさん

コメントありがとうございます。

>“山東”シリーズって海外ではけっこう人気みたいですが

えぇっ!?それは知りませんでした。アホかあいつら(笑)
いやーこうなると韓国での反応がホント気になります。
池の水を飲み干して噴射という発想がスゴイですよね。
『放水拳』爆笑です。こういうのが国内盤出たら最高なんですけどねぇ・・
少なくとも僕は買います。
might URL 2009年02月22日 12:56:02 編集

管理者だけに表示する
«« 猪仔血涙 | HOME | 山東の水売り »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。