スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

霎眼功夫



霎眼功夫/真假功夫/Instant Kung Fu Man
1977年作品

黄正利、劉忠良が出演しているコメディ功夫映画です。
主演は、『神腿鐵扇功』で黄先生のマジ蹴りを喰らって片目を腫らした痛々しい姿が印象的だった葉飛楊。武術指導は袁和平・袁祥仁・元奎が担当している。


主人公・葉飛楊は少林寺のボンクラ弟子。功夫の腕はからきしだが持ち前の知恵と悪運で、次々と降りかかるピンチをなんとか切り抜けて行く。そうこうしているうちに、世間は彼の事を功夫良だと勘違いし・・といったストーリー。


兄弟子役の劉忠良

お約束ポーズのジョンリュウさん。ゲスト出演ぽい感じで出番は多くないです

冒頭、劉忠良得意の連続右足(だけ)蹴りが炸裂って・・・おや?


あぁっ!? ジョンが左足で蹴った!(クララが立った的なイメージで)
これは珍しい。申し訳程度に出す事はあっても、ここまで続けて左足を使うのはあまり無い。


さて、弱いのに何故か“木人巷”に挑戦する事になった葉飛楊。こ、これは



『少林寺木人拳』そっくり!(BGM ミラクル・ガイ希望)

木人をぶち壊しながら難なく突破する葉飛楊。余りにあっさり出てきたので不審に思った高僧が見に行ってみると、木人の中身はシロアリに喰われボロボロに朽ちていた。内部から破壊するとは・・なんという知能犯よ。


実は葉飛楊には双子の兄(二役)がいて、スゴ腕の盗賊である兄は盗んだお宝をめぐって仲間割れした元相棒の黄正利と遺恨が続いている。


その黄センセ。『蛇拳』ぽい


練習風景


葉飛楊は蛇の動きをヒントに・・これも『蛇拳』ぽい


劉忠良vs黄正利



白熱バトルを繰り広げる二人だが、決着はつかず


ラストバトルは南拳北腿Ⅱラストと同じ場所

黄先生の前になす術無しの葉飛楊


そこへ黄先生を狙う盗賊兄登場(合成)




健闘した葉飛楊兄だったが、黄正利非情の連続攻撃を浴び死亡。残された弟葉飛楊の腕ではとても敵わず追い詰められていく。


しかし奥の手、本物の蛇を使っての蛇拳で逆転


ほぼ勝負が決した状況で突如乱入し、虫の息の黄先生をメッタ蹴りにする兄弟子劉忠良(空気読め)。もう出てこないと思ったら、アンタって人は・・・


袁和平繋がりなのか、かなりジャッキー映画を意識したようなシーンが出てくるのが面白い。アクションは袁兄弟の仕事にしては若干雑な気がしないでもないがそれなりに迫力はある。ジャッキーのいないモンキーシリーズと言ってもいいような楽しい作品です。
2008年12月18日 | Comments(0) | Trackback(0) | 黄正利
コメント

管理者だけに表示する
«« 七歩迷踪 | HOME | 猪仔血涙 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。