スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

七歩迷踪

 

七歩迷踪/Seven Steps Of Kung Fu/Kung Fu of Seven Steps
1979年作品

『少林拳対五遁忍術』等、張徹監督後期作品で活躍した程天賜主演の台湾作品。いかにもB級功夫片といった感じですが、これが中々面白い。全編に渡って実力派の面々による良質のクンフーアクションが楽しめる佳作です。

師匠・嘉凱のもとで修行の日々を送る程天賜、偶然街で金のメダルを拾うが、それは街を牛耳ろうとする悪党・常山に仕える五人の手下達がそれぞれ身に付けている物だった。そして師弟は、メダルを取り戻そうとする手下達とボスの常山に狙われる事となる・・・




茶店で食い逃げしようとしたチンピラを退治した程天賜、店の娘からお礼に食事を持ってきてもらったりしてイイ感じに。この飯がやけにウマそう。


師匠役の嘉凱。地味だけどめちゃめちゃ動けるし、いぶし銀的な良い俳優だなぁこの人。『神腿』での劉忠良の使用人役なんかも良かったです。


羅鋭との共演等でお馴染み台湾の実力派・常山演じる本作のラスボスは功夫映画の中でもお気に入りキャラの一人です。凄みのある悪役ぶりとパワフルなアクションに惹きつけられる。

カッチョいい決めポーズ(僕の中でこの作品といえばコレ!)



びよょ~ん


龍飛・金銘ら手下達に襲撃された嘉凱は重傷を追いながらもなんとか逃げ延びる。業を煮やした常山は改めて嘉凱・程天賜の抹殺を命令。来たる闘いに備え程天賜は嘉凱に、よりハードな修行を志願するのだった。




程天賜に、奥義“七歩迷踪”を伝授する嘉凱

修行後、手下達を一人一人片付けていく師弟。そして最後に残った龍飛を倒した嘉凱は遂に常山を追い詰める。






最後の闘いが始まった。両者一歩も引かない真っ向勝負を展開


程天賜が合流し、師弟で常山に立ち向かう。果たして勝負の行方は?





主役の程天賜の動きも勿論良いですが、とにかく常山と嘉凱が素晴らしいです。ラストの程天賜&嘉凱vs常山の激闘は見応え十分でこれだけでも観る価値あり。
2008年12月23日 | Comments(2) | Trackback(0) | 功夫
コメント
萌えよ!ツネやん
アンニョン!

台湾産の功夫片はあまり好きではないのですがこれは予想外でした。

確かに程天賜が食らう飯(特にあの鶏のモモ!)は美味そうでしたね!僕は功夫映画を観ると必ず肉まんと鶏のモモが食べたくなるんですが…(笑)。

しっかしツネやんのバンダムもビックリの開脚は凄いですね!もっと早く観ればよかったです。まさかツネやんに萌えてしまうとは思ってもみませんでした(笑)
ウルボ URL 2009年03月09日 21:19:20 編集
よお、ツネ!(気安く呼んでみた)
■ ウルボさん

どもアンニョンです。

>僕は功夫映画を観ると必ず肉まんと鶏のモモが食べたくなる

わかりますわかります(笑)
鶏モモを豪快に喰いちぎる(横を向く)のに憧れたもんです。
肉まんの皮を剥がして喰うとかも一通りやりました。

おぉ、ツネちゃまプチブレイクの兆し!
その勢いでツネやんポーズ真似したいんですが、体が凄く固いので無理です・・
might URL 2009年03月10日 19:08:58 編集

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。