スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

李三脚威震地獄門

 

李三脚威震地獄門/Dragon Lives Again
1977年作品

功夫スター史上最強の声も高い猛者・梁小龍(ブルース・リャン)。
ブルース・リーに勝るとも劣らない実力を持ちながら、名前のせいか世間ではリーのパチモン俳優に間違われる事が少なくない彼がどういう訳か(仕事無かったんだろか)本当にパチモン・リーをやってしまったのがこの作品。リーさんが地獄を舞台に大暴れするという奇想天外なストーリーで、『007』『夕陽のガンマン』『ゴッドファーザー』『座頭市』『獨臂刀』『ポパイ』ら地獄の住人達を相手にギャグと下ネタ満載のドタバタを繰り広げる超絶バカ映画です。李小龍を題材にした作品の中では色々な意味で最強クラスの一本と思われます。


版権無視のキャラ達が大集合するオープニング。まさに無法地帯

地獄の入り口“閻王殿”。その中に一人の男が横たわっていた。男の名はブルース・リー(表記は李真煩)。そこへ地獄の支配者・閻魔大王が登場し、地獄へ入る為の審査のようなものを始める。リーの持っていたヌンチャクを巡って一悶着あったが、とりあえず合格。こうして地獄での生活が始まったのでありました。




リーさんのメイクが・・・


リーの舎弟になるポパイ(曾志偉)とハックルベリー・フィン?(韓國材)


ギャンブル好きが高じて借金苦の獨臂刀(張力)の借金を肩代わりしてやり、「もう博打には手を出すなよ」と諭すリー兄貴。ちょ、ジミーさん・・なんちゅう設定だ(笑)

地獄の街で“精武門”をオープンし、舎弟達や街の人に功夫を教え始めるリー先生。そんなリーさんの噂を聞きつけ、街を牛耳るゴッドファーザーは手下のジェームズ・ボンド、クリント・イーストウッド、エクソシスト神父、座頭市、あとエマニエル夫人(笑)らにリー潰しを命じる。


座頭市と対決




技の名前(映画のタイトル)を連呼し合う(叫ぶ度にテロップが出てくる)のが面白い。



何故か『グリーン・ホーネット』カトーの扮装でショッカー戦闘員とバトル


愉快な人気者キャラ達を倒したリーさん、遂にボスとの対決へ

ボスのゴッドファーザーに扮するのは、『成龍拳』でジャッキーにこれでもかとばかりに連続後ろ回し蹴りを喰らわせていた、韓国のマッチョ系パワーキッカー・申一龍。強靱な肉体から力任せに繰り出す荒々しい蹴りは、他のテコンダー達とはまた違った迫力がある。




梁小龍vs申一龍というレアな対決が実現。バカ映画らしからぬド迫力バトルを展開する両者。ココだけ違う映画のようです。


激闘の末、秘技“精武指”が炸裂しリー先生の勝利


最後は閻魔大王withミイラ軍団との闘い。


舎弟達も助っ人に駆けつけ大乱闘になるが、最後はリーさんがハックルベリー?に手渡されたヌンチャクで閻魔様をボコる。

閻魔様を追い詰めたリーさん、命を助ける代わりに地上へ帰してもらう事に。ひとしきり仲間や街の人達との別れを惜しんだ後、閻魔様のパワーで空高く飛んでいくのだった。


「さ~よ~なら~」て東宝怪獣映画のラストみたいだな


後に『精武門』の陳真役を演じる事になる梁小龍が、こんなふざけた役なのに(笑)イキイキしてやっているのが良かった。リーさん同様傲慢ともいえるキャラの彼はこの手の役が合ってますね。しっかし・・よくもまぁせいぜいバラエティ番組のワンコーナー程度にしかならないであろうしょうもない企画で映画を一本作ってしまうところが信じられない(笑)。でもここまでバカな事を堂々とやられると、ある意味尊敬の念すら沸いてくる。僕は好きですコレ。
コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。