スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

好小子的下一招

 

好小子的下一招/Fighting Ace/Kid's Ace in the Hole
1979年作品

主演の劉忠良(ジョン・リュウ)は、“フラッシュ・レッグ”こと譚道良の弟子で強烈な右足(だけ)蹴りで知られる。得意の足技は独特のギクシャクしたクセのある蹴りで、初期の出演作を見ると凄さは感じるものの動きもどこかぎこちなく、個人的には“ヘタウマ”という印象を持った。しかし後期の作品ではかなりの進化を見せており、有無を言わさぬスーパーキッカーに変貌を遂げている。師匠・譚道良のような脚技の華麗さ・変幻自在さは無いが、少々ナルシストで“愛すべき勘違い野郎”てな感じ(笑)のキャラも含めて不思議とヤミツキになってしまう変な魅力がある。出演作は面白い物が多く、師匠と違って作品に恵まれているという印象。

さて本作は、子供の頃悪党に両親を殺された劉忠良が復讐相手を探す旅を続けながら三人の師匠に功夫を習い、遂に見つけた仇敵との対決に挑むというストーリーの台湾作品で、これも中々の良作となってます。

赤バックの演舞オープニング

『南拳北腿』でもお馴染み『復讐のガンマン』のテーマがイイ

f
師匠役の權永文は空手の型っぽい演舞を

その權永文蹴りまくり!

空中三段蹴りも披露。特訓シーンでは劉忠良との見事なキックバトルも見られる。ゲスト出演の為出番は前半だけなのが残念だが、豪快な足技はたっぷりフィーチャーされているし、存在感も抜群なので權永文迷なら必見でしょう。


深夜の特訓風景


劉忠良を助ける役どころで良い味を出している王太郎。身軽でアクションも中々


ラスボス・程清。変な分身っぽい技を使う


最後の闘いは劉忠良&王太郎vs程清







アクションは良いし面白いのだが、難点は程清がラスボスとしての魅力に乏しい(せいぜい中ボス向きくらい)ためラストバトルが少々物足りなく感じる事か。
2008年06月10日 | Comments(0) | Trackback(0) | 劉忠良
コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。