スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

飛狐外傳

 

飛狐外傳/Legend Of The Fox
1980年作品

金庸原作の武侠小説をショウ・ブラザース製作、張徹監督で映画化した作品。主演に錢小豪、五毒メンバーの郭追・鹿峰・江生。約二時間の大作であります。


それは激しい雨の日の事。主人公・錢小豪(右)と叔父の黎友興(左)は、ある屋敷で雨宿りをさせてもらっていた。そこへ盗賊団を率いる余太平、江生と妻の楚湘雲、幼い子供を連れた郭追という面々が相次いで雨宿りにやってくる。その様子を見て驚愕の表情を浮かべる黎友興。その場に緊張感が走る。彼らの間には因縁があり、錢小豪の今は亡き両親の死にも関わっているという。そのいきさつを良く知る人物である黎友興は、18年前のある出来事について静かに語り始めた。

ストーリーテラー的役割の黎友興がそれぞれの過去を錢小豪に話して聞かせる形で進み、江生・郭追達の間にいったい何があったのか?そして、これからの展開はどうなる?と思わず引き込まれる秀逸なオープニングです。


本作では悪党の江生(左)と、“金面佛/Golden Face Budda”の異名を取る無敵の男・郭追(右)

回想シーンへ

18年前、黎友興は客棧で働いていた。そこへ錢小豪の父で凄腕の剣士・鹿峰が身重の妻・潘冰嫦を連れてやって来る。産気づく潘冰嫦を、当時町医者だった余太平が介助し無事出産。客棧内では祝宴が催される。

その夜、鹿峰の元へ郭追が弟分の江生らと共に挑戦に現れる。
なんかこの辺からややこしくて理解困難に・・・


祝宴を終えた翌日、鹿峰は郭追の挑戦を受ける。素晴らしい刀術戦を繰り広げる五毒の二人




二人の腕は全くの互角。夜が更けても決着がつかず、勝負は翌日に持ち越しに。いつしか二人は互いを認め合い友情が芽生える。それを良く思わない江生は余太平を使い、二人の刀に毒を塗らせる。あくる日、再び戦いを始める鹿峰と郭追。またも互角の戦いになるが、郭追の刀が鹿峰の腕をかすめ、毒にやられた鹿峰はあえなく死亡。妻の潘冰嫦も後を追い自害してしまう。「残った子供も殺してしまえ」と余太平に命じる江生。しかし、すんでのところで黎友興が救い出し逃走。追ってきた江生に片腕を切り落とされながらもなんとか逃げ延びる。で、回想シーン終了。



盗賊団と屋敷の住人達との間で乱闘が始まる。錢小豪も加わり、父の仇の一人である余太平に闘いを挑む。見事な刀さばきで勝利した錢小豪は、既に屋敷から立ち去っていた郭追の行方を捜しに向かう。その郭追、江生の策略で手紙にふりかけられた毒を目に受け盲目状態に。江生の手下達の襲撃を受けたところを錢小豪に助けられる。

郭追「若者、お前の名は?」
錢小豪「友を助けるのに名前は重要ではない」
郭追「好!この郭追には生涯の友が二人いる。一人は大侠・鹿峰。もう一人は名も知らぬお前だ」(テキトー訳)

てな感じの中々カッコいいやりとりがあったりします。


郭追の命を狙い再び襲ってきた江生に戦いを挑む錢小豪だったが、ここでは決着つかず


錢小豪が探してきた毒と薬の専門家・黄敏儀に目の治療を受ける郭追


クライマックス。両親の墓の前に佇む錢小豪の前に江生が現れる。

「鹿峰家の刀術を使い、今こうして鹿峰の墓の前にいる・・お前はいったい何者だ?」
「俺は大侠・鹿峰の息子、錢小豪だ!」

かくしてラストバトルは始まった。






王力と譚鎮渡という五毒作品お馴染みの二人を投入する江生。3対1の苦しい戦いになる


そこへ目が治った郭追が颯爽と登場!うわ、カッコいいではないか。それにしてもこの人は毎回オイシイ役だね~。


「郭追伯父さん!目は大丈夫ですか?」
「伯父さんだと!?・・・・・お前は鹿峰の息子だったのか!」

盛り上がってまいりました。




ここでもスピーディな刀術戦が堪能できる



江生を倒した郭追は錢小豪に「両親の敵を討つのだ!」と、とどめを促す。そして本懐を遂げた錢小豪は、郭追の前に跪き感謝の意を表すのだった。


僕は原作を未読なのですが十分楽しめました。原作を知らない分、余計な先入観の無い状態で観たのが良かったのかもしれないですね。ただ武侠モノ特有のややこしさがあり、しっかり内容を理解しようとして観るとちょっと厳しい面もあります。それでも登場人物達のキャラは良いしアクションも流石の出来ということで、あまり深く考えずに画面を追う分にはかなり面白いので気に入ってます。国内盤の発売を是非お願いしたい一本です。
2009年02月25日 | Comments(0) | Trackback(0) | 五毒関連
コメント

管理者だけに表示する
«« 盲龍唖虎 | HOME | 猿拳 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。