スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

盲龍唖虎

 

盲龍唖虎/Warrior Of Kung Fu/Fierce Dragon
1979年作品


カサノバ・ウォンが盲目の武術家を演じている異色の韓国作品です。幼い頃、悪人の金珠に父親を殺害され、自らも目を潰されて盲目となってしまったカサノバが生き別れになっていた弟と再会し、共に敵を討つというストーリー。


カサノバの弟役・郭武星。こちらは口がきけない。金珠にノドを潰されたような描写があったが声を出す事はできて、「アオォ~ン」と狼のように月に向かって吠えたりします。



仇役の金珠。今回も溢れんばかりの目ヂカラでございます





初めは兄弟である事を知らずに対立するカサノバと郭武星。二人の対決シーンは中盤の見せ場


ようやくお互いが生き別れた兄弟だと気付き、再会を喜び合う二人


「わが弟よ━━!!」


「アオォ~~~ン!」


・・・・・・・・・・・。

感動シーンのはずなのだが・・なんかシュールな映像になっちゃってます。


クライマックスは雪原での戦い





雪で足元がやわらかくなっているという事もあって、皆跳んだり跳ねたり転がったり。まるで雪の校庭ではしゃぎ回る子供達のようだ(笑)

ラスボス金珠が登場









苦戦するカサノバの元へ郭武星が助っ人に駆けつけた




兄弟パワーで遂に復讐を果たす


主人公カサノバの座頭市を意識したようなキャラがちょっと中途半端で、“とりあえず目をつぶってみました”で終わってしまっているのが残念。しかしスピーディーな立ち回りはさすがの出来で楽しめました。印象に残ったのが郭武星で、野生児っぽいキャラが結構ハマっており存在感を見せてます。アクションも、キレはそれほど感じられないものの中々。この作品を見るまでは、キャラが弱くパッとしないという印象を持ってましたが、本作での活躍は嬉しい誤算?といった感じでした。
コメント

管理者だけに表示する
«« 野豹 | HOME | 飛狐外傳 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。