スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

野豹

 

野豹/Wild Panther
追跡/The Pursuit
1984年作品

“台湾の暴れん坊将軍”常山の主演作。ベトナム戦争帰りの元兵士・常山が、国際テロ組織相手に壮絶な闘いを繰り広げる現代アクション物です。台湾B級功夫片を多数手掛けている李作楠監督による台湾作品なのですが、出演者の多くが韓国人俳優・全編韓国ロケという事から実際には台湾・韓国合作のようです。韓国映画のデータベースでは、南奇男(ナム・ギナム)監督 の韓国作品(タイトル『追跡』1983年製作)となっています。

“野豹突撃隊”なる特殊部隊の元隊長・常山は衣料品店を経営し、妻と息子と共に平和な毎日を送っていた。そんな中、国際的テロ組織の標的である世界の主要人物の名が書かれた極秘リストを巡る争いに巻き込まれることに。テロ組織のボスに招かれた殺し屋の韓鷹は以前戦場で常山と闘い、片腕を切り落とされる(その後鉄腕を装着)という因縁の持ち主だ。後にリストの隠し場所を掴んだ常山だったが、韓鷹に最愛の妻子を誘拐され目の前で殺害されてしまう。悲しみに打ちひしがれながらも復讐を決意した常山に、組織の陰謀を阻止する為にやって来た腕利き捜査官の王道が協力を依頼するが、常山はこれを拒否しバトルに。組んず解れつ大ゲンカを繰り広げるが決着はつかず、笑顔で「やるじゃねぇか」「お前もな」てな感じに互いを認め合う二人。学園ドラマか(笑)。そして常山は王道から手渡された地図を基に、テロ組織のアジトへ単身乗り込むのだった。


主演のツネ山さん



こういったタフで骨太な役柄はピッタリで良いです。髪型はアレですが・・。持ち前のパワフルなアクションは迫力十分。その攻撃は手技足技共凄まじく、なんか・・素手で容易に人を殺せそうどす(怖)



本作の王道は心なしか弱々しく精彩を欠いている印象で、ちと病み上がりっぽく見えたりします。
常山とのバトルシーンにおいては、最後疲労困憊で息も絶え絶え。ゼーゼーいってる姿が痛々しかったです。多分演技ではありません。





常山を助ける特殊部隊時代の部下に扮するのがコリアン功夫等でよく見るミン・ボッキ嬢。アクションにお色気?にと体当たり演技で大奮戦する姿に思わず惚れそうになりました(笑)。この人って、こんなに気合の入ったアクションやるんですねぇ。美人さんですがメイク濃すぎるのがちょっと・・



冷酷非情な殺し屋・韓鷹(イーグル・ハン)。女子供だろうと全く容赦せず、DV夫の如くボコりまくる姿には戦慄すら覚えます。



常山vs王道は古き良き青春ドラマ調


大ゲンカの果てに


二人は仲良し


ラストは常山と韓鷹のド迫力バトル

ロボハンド炸裂






クライマックス、常山のハイアングル三角跳び




お見事!


決して出来が良いとは言えないし突っ込みどころは多々ありますが、B級パワーを感じさせる作品で結構気に入ってます。やはり見どころは常山のハードなアクションで、一部リアル・ヒッティングのガチバトルは凄まじいの一言。ボッキ嬢の健闘と、韓鷹の恐い悪党ぶりも本作を盛り上げてます(王道は・・・)。常山ファンは必見の一本です。
2009年03月03日 | Comments(4) | Trackback(0) | アクション
コメント
がんばれ!ツネやん
オエーッ!(違うか…笑)

ツネやんと上岡ハンのコリアン極悪キッカー同士の対決が面白そうですね。ところで、以前から思ってたんですが上岡ハンのアタマってヅ●だったりして…(爆)。あの●ラの下に秘密兵器が隠してあったら韓国の劇場内は大爆笑だったでしょうね。

王道は仰るとおり何か元気なさそう。この頃ってあんまり出演作がなさそうですね。

あとボッキ嬢も出演ですか!これはちょっと観たくなりました。意味のないお色気演技に期待している自分が情けないです。
ウルボ URL 2009年03月04日 18:45:54 編集
ヅ●対決!
■ ウルボさん

イヨオォ~!ブルブルブル(オエー繋がり)

本作には、ツネちゃまのプライベート喧嘩映像が挿入されてます(嘘)

>上岡ハンのアタマってヅ●だったりして

あー、作品によって怪しいなぁという時ありますね。
この作品での彼は、限りなくグレーと言ってよいかと思われます(笑)
本作のツネやんの変な髪形も●ラらしいので、この映画ではかなりのハイレベルな
ヅ●バトルが実現していたという事になりますね。

ボッキ嬢は良かったですよ(笑)凄く目立ってます。韓国版?では彼女が主役扱いなのかもなんて予想。

王道、確かにこの頃は出演作無くて低迷してたっぽいですね。『南拳北腿』時のカッコよさがあれば、ワンランク上の作品になったでしょうに・・・
might URL 2009年03月04日 20:19:01 編集
ハイレベルなヅ●バトルて!(爆笑)
これ面白そう!かなり気になってました。
ツネやんいいですよね。結構お気に入りです。恐すぎでーす!

王道さんはほんと病み上がりみたい・・・やつれてる・・・。
84年って事は『笑太極』の頃だと思うんですけど、『笑太極』では若々しくて、アクションも(少ないけど)なかなかで良い感じだったんですけどね。
李梨 URL 2009年03月05日 00:17:26 編集
コレは面白いづらよ。
■ 李梨さん

ツネやんお気に入りっすかー。
僕も好きですねー。コワカッコいいですよね(笑)

あ、おうどうさん『笑太極』に出てたんでしたっけ?
すっかり忘れてました。久々に観直してみよ。
本作でも、少しながら頑張ってアクションやってるんですけど
なんかいまいちキレが無いんですよ。完全にツネさんの迫力の前に
霞んじゃってます。
might URL 2009年03月05日 20:34:42 編集

管理者だけに表示する
«« 神腿 | HOME | 盲龍唖虎 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。