スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

神腿

 

神腿/The Mar's Villa/Wu Tang Magic Kick
1979年作品

“ノーザン・レッグ” “爆笑の右脚” こと劉忠良(ジョン・リュウ)主演の台湾製シリアス功夫片。彼の代表作の一つに数えられる傑作であります。最大の見どころは迫力のラストバトルですが、本作は台湾クンフー映画にありがちなアクション一辺倒ではなく、ドラマ部分における出演者達の演技も中々見事で、深みのある作品に仕上がっています。

“神腿” と呼ばれる足技の名手・劉忠良。ある日、留守中に悪の武術家・高飛の襲撃を受け、多くの門下生を殺され道場の看板も壊される。怒り心頭の劉忠良は高飛の元へ乗り込み、対決の末に殺してしまった。劉忠良の妻(唐寶雲)は、夫が人を殺した事を嘆き悲しむが、劉忠良は妻にもう二度と闘わないと誓いを立てる。そんな劉忠良に、高飛の息子であるトン・ワイが挑戦して来た。トンワイの執拗な挑発にもじっと耐えるも、妻をトンワイと高飛の兄(高飛=二役)に誘拐され自らも囚われの身に。そして拷問を受け発狂してしまう。ボロボロになった劉忠良であったが、使用人・嘉凱の助けで完全復活を遂げ、高飛に最後の闘いを挑むのだった。



渋いオープニング



ジョンリュウさんご夫妻。嫁に関してはコメントを差し控えさせて頂きます



鋭い眼光をとばす高飛。さすがの存在感と迫力です



死んだ高飛弟の息子に扮するトン・ワイ


誘拐してきた劉忠良嫁を愛してしまい悩み苦しむ姿を熱演してます



劉忠良を陰で支える使用人・嘉凱。良いです。ハマリ役です。


拷問を受ける劉忠良

炎天下の野外で檻の中に入れられ、鉄の棒で鉄格子を「チャリ~ン、チャリリ~ン」と掻き鳴らされ続けるというトホホなもの。いや、キツイでしょうけどね。



嘉凱に救出された劉忠良、妻を取り戻すため特訓開始(ロッキー風)


嘉凱の献身的なサポートで、遂に輝きを取り戻す


復活した劉忠良、まずはトン・ワイとの対決

鋭さこそそれほど無いものの、結構綺麗な蹴りを繰り出して応戦するトン・ワイ


が、最後はジョンさんメッタ蹴りで血祭りに


最終決戦、劉忠良&嘉凱vs高飛












ラストの延々と続く死闘は、有無を言わさぬ迫力の名勝負で見応えも十分。殺陣は結構雑な作りなのですが、それががかえって生々しさと臨場感を出す事に成功しています。『南拳北腿』と並ぶ劉忠良のベストファイトと言っていいのではないでしょうか。
2009年03月11日 | Comments(0) | Trackback(0) | 劉忠良
コメント

管理者だけに表示する
«« 空飛ぶ十字剣 | HOME | 野豹 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。