スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

空飛ぶ十字剣

 

千刀萬里追/Dynasty/Ming Dynasty
1977年作品

以前取り上げた『虎拳』と並び、僕が子供の頃に最も幻想を抱き憧れた作品がこの“超立体映画”『空飛ぶ十字剣』です。とにかく、当時の定番書「ドラゴン大全集」等で見た写真がどれもカッコ良く目を引く物だったというのが最大の理由で、細い木の間を壁虎功で登っていく譚道良、そして木の上から番傘を開いて飛び降りる姿、大全集裏表紙の飛び蹴り。他にも、奇抜な武器や風格のある強そうな悪役(白鷹)等々・・大いにそそられ「観てぇよ~!」と一人身悶えておりました。しかし、当時観る術は無く自分の中では長い事幻の作品となっていたのです。それから長い年月の後にようやく観る事が出来たのですが、幻想は見事に打ち砕かれ、ダ マ さ れ た という失望感だけが空しく残ったのでした。僕が観たのはTV放映版だったのですが、TVサイズへのトリミングが酷くファイトシーンでは姿や動きがよく見えなかったり、見物である壁虎功のシーンに至っては足先しか見えない等問題ありまくりで、写真で見たカッコいいシーンは結局殆ど見る事が出来ませんでした。まぁ元々、本で見た写真には本編に無い宣伝スチールも含まれていたんでしょうけど・・


元朝を倒した明朝の支配が続く中国。その明の支配も、絶え間の無い外敵との戦い、内部の反乱等により根底から揺らいでいた。その王朝の中にあって絶対的な権力を振るっている男が白鷹だ。しかし、その白鷹にも大きな悩みがあった。王朝の正当後継者・明王子の存在である。王子は白鷹に反抗する唯一の人物だったからだ。白鷹は、この王子を倒し名実共に王朝に君臨する事を目論んでいた。一方、王子はある寺で追っ手から身を隠していた。その寺で武芸を学びながら育った若者・譚道良はその実力を見込まれ、白鷹を倒すという任務を与えられる。


主演の“フラッシュ・レッグ” 譚道良



芸術的足技も、酷いトリミングのせいでよく見えません



鉄の爪を装着した白鷹。いかにも強いラスボスといった雰囲気を漂わせるカッコいいキャラなのですが、肝心のアクションがショボイのが残念です。



本作は“ウルトラ・キュービック方式”(笑)なる技術を採用した立体映画なので、このようにやたらとカメラに向かって色んな物を突き出す・投げる等のシーンが続出します。


譚師匠の蹴りも画面を飛び出す!


クワガタ鎌?空飛ぶギロチン風に振り回し、敵の首を刈り取ってしまう



出た!壁虎功


見えねぇ~(泣) このシーン楽しみだったのに・・


これが空飛ぶ十字剣だ!



白鷹が着用していた銭帷子を変形させブンブン回し、相手を目掛けて飛ばすというもの






上記のトリミング問題に加え、アクションの方もかなりユルイ出来。譚道良の足技も他の出演作に比べると消化不良感があるし、他の出演者に功夫アクションの巧い人が殆どいないというのも辛いところです。ただ、功夫映画だと思うと物足りないですが、『龍門客桟』タイプの武侠片だと思って観れば結構イケるかも?ストーリーは結構しっかりしているし、作品の雰囲気自体は嫌いじゃないので、この先もしワイドスクリーン版等出るような事があればじっくり観直してみたい気もします。
2009年03月15日 | Comments(6) | Trackback(0) | 功夫
コメント
ちょいキモ系の白鷹がいい感じ。
私も最近観ました!
白鷹について調べてた時、この作品が妙に気になって仕方なくてニヤけながら妄想してました(笑
確かにアクションはユルいし、ダマされた~感はありましたね。
でも私は結構好きなタイプの作品かも!


>『龍門客桟』タイプの武侠片だと思って観れば結構イケるかも?

あ~そうなんですよね!私もなんとなく『龍門~』ぽいような気がしてました。


最後の譚道良の傘が十字剣に刺さって飛んでいっちゃうシーンがなんかツボなんですけど(笑)
サヨナラ~みたいな。
こういう下らない所にツボる私です・・・
もう少し長い間ブンブン振り回して欲しかったなぁ。
最後のシーン、メイキング映像が残っていたら凄い観てみたい!
李梨 URL 2009年03月15日 23:37:26 編集
しらたか。
■ 李梨さん

李梨さん、白鷹迷っすもんね(笑)

>ちょいキモ系の白鷹

あれって・・I Was ゲイの設定だったんですかね?何か中途半端だったけど(笑)

本作は確かにダマされた感はあったんですが、幻想抜きで考えると雰囲気自体は結構惹かれるものがあるので、マトモなバージョンで観れば自分の中の評価は変わるような気がするんですよねー。

>十字剣に刺さって飛んでいっちゃうシーン

わはは(笑)そこにツボりましたか。
「ヒュ~~~、ボテッ・・あ~あ」みたいな感じでしたね。
最後飛んでっちゃうのは少々空しかったですが、白鷹が頭上で十字剣をブンブン回すのは良いシーンですよね。確かにメイキング映像観たいです。おそらく美術さんと立体スタッフが凄くバタバタしてる映像なんでしょうねぇ。
might URL 2009年03月16日 20:22:20 編集
チャンピオン鷹さん
ぷちゃーーー!(違うか…笑)

昔『ドラゴン大全集』の裏表紙で柳沢慎吾似のニーチャンに蹴られる血塗れの鷹さんを見て心臓ワシ掴みされた覚えがあります。でも後に本編を観た時は期待し過ぎて思わず屁が出そうになりました(笑)。しかしラストの3Pはなかなか面白かったですね。あまりにデカい十字剣を振り回すので勢いあまって鷹さんも一緒に飛んで行ってしまうんじゃないのか?!とちょっと心配になりましたが(笑)。

因みに台湾かどこかで出てたDVD(海●版)はテレビ版と同じ素材で二度ガッカリしました。スチールでは存在している鷹さんが手下の脳ミソを食らおうとしている場面を実際の映像で観てみたいです。

イヨォ~ッ!(違うか…笑)
ウルボ URL 2009年03月19日 19:00:14 編集
波牛さん(違)
■ ウルボさん

やはりウルボさんも「大全集」に踊らされたクチでしたか。
被害者(僕は好きで踊らされてんですが)は日本全国にいそうですねぇ。
やっぱりマトモなバージョンのやつで観直して検証したくなってきました。
確かにラストは結構悪くないんですよね。

>鷹さんも一緒に飛んで行ってしまうんじゃないのか?!

ぐわはは~(笑)なんという巨大タケコプター! ※声の出演・大山のぶ代(古)
ウルトラキュービック3-Dの効果で、是非画面から飛び出してきて欲しいですね。

>鷹さんが手下の脳ミソを食らおうとしている場面

あら、そんな素敵なお写真があったんでしたっけ?
んじゃ、是非その脳ミソもウルトラ略・・

ホイイ~ッ!ブルブルブル
might URL 2009年03月20日 20:49:42 編集
十字剣フリーク
初めまして、ねこと申しますm(_ _)m
9歳の頃、父に連れられて映画館で観ました。何故か日本語吹替えだったのを覚えてます。とにかく目が疲れて疲れて…。アクションシーン以外はみんなメガネを外して眉間をモミモミしてました(笑)
立体度はかなりなモノでしたよ。槍、刀、血しぶき、臓物やらブンブン飛んできました。ボクも大分前に英語吹き替え版を入手しましたが、肝心の血みどろシーンがバッサリ削除されてて涙を飲みました(;_;)
特に白鷹が「脳みそ」を喰うシーンは30年経った今も鮮明に記憶に刻まれている程トラウマ的な画だったんです。ちなみに「脳みそ喰い」は2シーンあって、1つは冒頭部分。襲ってきた敵を押さえつけ、鉄の爪で頭蓋骨を切り取りマントで隠しながらズルズルと口ですすり喰います(口の周りには血と脳みそのカケラがベットリ)。
2つ目は寺の襲撃で頭に傷を負った後の白鷹の食事風景。縄でガンジガラメにされた捕虜?が鳥カゴのようなものに押し込められ運ばれてきます(ずっと泣いてます)。そして穴のあけられた上板の中央部から突出している頭頂部を白鷹は容赦なく小指にはめた鉄の爪で切り開き、あらわになった脳みそを茶わんに掻き出して、お茶漬けかっ込むがごとく食べてしまうのです…(T_T)エグエク
多分今みたら「ショボイ」画なのでしょうが、ボクにとっての「十字剣」は残忍さを極めたハチャメチャな発想の怖さに魅了された部部が大きいので「ノーカット版」との巡り合いを首を長くして待ってる次第でございます。

ねこ URL 2009年06月05日 20:26:35 編集
残虐カットシーン
■ ねこさん

どうもはじめまして。

劇場でご覧になったんですねー、羨ましいです。
立体の方は、普通にDVDを観ていても結構飛んでくる感じがするくらいなので、映画館でメガネをかけて観たら凄かったんだろうなと思ってました。僕は『ジョーズ3』(笑)が唯一の立体映画体験なのですがあまり印象になく、立体・・どんな感じだったっけな~?程度の記憶です。
おぉ、残虐カットシーンの貴重な証言ありがとうございます。凄くエグい内容だったんですね~。僕はこの記事を書いた後に英語バージョンを入手して観たのですが、ねこさんの仰る1つ目のシーンで、鉄の爪で敵の頭をギギギィ~~と削り、髪の毛をポイっとやったところで場面が切り替わってしまってました。2つ目は全く入ってません。それにしても、茶わんに掻き出してお茶漬け風にサラサラ食すって・・そりゃカットされるわという気がしないでもありません(笑)でも、カットされていなければ残虐脳ミソ喰いと十字剣で、かなり強力なヒールとして記憶に残っただろうに残念です。
僕もノーカット版が激しく観たくなりました。
might URL 2009年06月06日 09:46:20 編集

管理者だけに表示する
«« Chaku Master | HOME | 神腿 »»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。