スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

シンデレラ・ボーイ

 

シンデレラ・ボーイ/No Retreat, No Surrender/Karate Tiger
1985年作品

呉思遠のシーゾナル・フィルムによる米製功夫/マーシャルアーツ映画の傑作。
ブルース・リーを崇拝する主人公・ジェイソン(カート・マッキニー)は、父親が経営する空手道場で稽古に励んでいた。そこへ、この道場を傘下に収めようと地元のマフィアがやって来る。傘下に入る事を拒み闘うジェイソン父だったが、凄腕ロシア人用心棒のイワン(ジャン・クロード・ヴァン・ダム)に足をヘシ折られ、病院送りに。再起不能になった父は道場を廃業し、一家はシアトルへ引っ越す事になった。引越し先で気のいい黒人少年・RJと親友になるジェイソン。楽しい生活が始まると思いきや、街の悪デブに目を付けられてしまう。空手道場に入門しようとしたが悪デブの策略で師範にボコられ、いつの間にか出来ていた彼女の誕生日パーティーでも嫉妬した恋敵にボコられる始末。失意のジェイソンが向かったのはシアトルの墓地。尊敬するブルース・リーの墓(本物)にすがり、「センセイ・リー助けて下さい!」と涙ながらに訴えるのだった・・・


主演のカート・マッキニー。爽やかな演技だけではなく、アクションも頑張っている


この後、信じられない出来事が!

その夜・・・

光の中から謎の男が・・

リー先生ー!! ・・・ん?

なんと、あの世からリー先生光臨。
演じるのは『死亡の塔』でお馴染み唐龍(タン・ロン)


ジェイソンを助けるためにやってきたリー先生、早速熱血指導を開始。
「コップの水云々」等お約束のセリフを連発。


こちらはちと『死亡の塔』っぽい唐龍

李小龍があの世から主人公を助けに来るという設定がイイねぇ。この唐龍のリー先生っぷりが予想外に良い。これ、呂小龍とか巨龍とか起用してたら多分この作品崩壊してたと思う。ためしに光の中から巨龍が出てくる場面を想像してみて下さい。多分卒倒する人が出てくると思われる。『へやをあかるくして はなれてみてね』というテロップ入れないと。


功夫映画に出てくる修行を彷彿させるトレーニングシーン


ラストはイワンvsジェイソン



闘いの中で、過去の修行シーンがその都度フラッシュバックされたり、ジェイソンのピンチに、親友RJが合言葉(この作品の原題 No Retreat, No Surrender)を叫ぶと同時に反撃開始とか、ベタな展開好きの僕にはタマランです。


最後はリー先生直伝のサマーソルト・キック(燃えよドラゴンのアレ)が炸裂!宿敵イワンを倒し、観客に胴上げされるのだった。いやー、やっぱり面白い。観終わった後に爽快感が残る楽しい作品であります。


主題歌がモロ80年代産業ロックですごくいい


Hold on~ to the~ vision~ in your eye~~♪

歌っているのは元The Stormのケビン・チャルファント。Journeyっぽい爽やか路線で好きだったんだよなーThe Storm。どうやらこの曲はCD化されてないようでかなり残念。
2008年06月12日 | Comments(0) | Trackback(0) | アクション
コメント

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。