スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

少林寺十大掌門

 

少林寺十大掌門/The Ten Protectors of Shaolin Temple/Ten Instructors of Shaolin
1978年作品

マイク・ウォンこと王龍主演のコリアン功夫映画です。本格シリアス功夫片かと思いきや、とんでもないアホアホ映画でした。いや、シリアスなことはシリアスなんですが・・皆真剣そのものだし。
ストーリーは、少林寺に奉られている黄金の香炉を狙う奸臣・張莽と、それを防ごうとする主人公・王龍らとの闘いといった内容で、後半は裏切りに次ぐ裏切りの展開なのですが、ハングル語音声のみの為登場人物達の関係や目的等細かい部分が把握出来ておらず流れに乗れなかったのが少々残念でした。最大の見物は、少林寺で修行を積んだ王龍らが『少林寺木人拳』の木人巷や、『少林寺への道』の銅人みたいな関門に挑むシーンです。ここで王龍らを待ち受けるのは、気色悪いペインティングを施した怪人軍団で、なんともシュールなバトルシーンを延々展開しています。


タイトル画面

バカ野郎!(笑)


主演の王龍

『腹拳』のメタボ師匠や『少林十大女傑』(面白い!)の白髪悪役等ナイスキャラを演じた彼ですが、ノーマルな正義役となるとキャラがやや弱くパンチに欠けるという印象。


悪役コンビ

ラスボスの張莽(左)と、その手下・權一銖(右)



『南拳北腿』の銀狐風ジジイ。扮するは楊威(最初、韓鷹かと思った)


本作の目玉 “ 変人巷 ” スタート

この手のシーンの中では屈指のブッ飛び度です


屋内なのに雷鳴が轟き、おヘビさん登場


なんじゃコリャ~!



前衛芸術?


山海塾(懐かしい)を思い出しました


続いて、ライオンの鳴き声と共に現れたのは・・

某劇団ミュージカル風ライオン・キング軍団


ライオンなのに何故か縞模様が・・



モチーフが分からん・・


闘っている時の効果音がマヌケです。
敵が棒を振り回す度に 「ピン!ピン!」 腕を取ると 「ポキポキ」(笑)て。


ピン!ピン!ピン! ポキポキ

ピン!ピン!ピン! ポキポキ


・・・・・・・・・・・・(笑)

鬱陶しかったんですが、途中からバカ負けして面白くなってきました。


ラストバトル



三節棍をヤケクソ気味にビュンビュン振り回す王龍。なんか使い方間違ってる気が・・





とにかくこの作品、変人巷のインパクトが強過ぎて他が霞んでしまっている印象。クライマックスの王龍と張莽・權一銖らとのバトルは、武侠映画に出てくるようなユニークな形の武器を取り入れる等工夫している跡が伺えて悪くないのですが、観終わって記憶に残っているのはやっぱり王龍vs変態ペインティング軍団のアホバトルのみなんだなぁ・・・

2009年04月25日 | Comments(4) | Trackback(0) | 韓国作品
コメント
少林寺変人拳
こんばんは。

もう最初の画像で退場決定ですね!(笑)。いやぁ~こんなバカ映画だとは思っていませんでした。まぁ当時のコリアン功夫なんて真面目な作品でも何故か笑ってしまいますけどね。二枚目風マイクさんが違和感アリアリなんですが…。

ぷちゃーーーー!(違うか…笑)
ウルボ URL 2009年04月28日 19:58:20 編集
主題歌 ミラクル・ガイ2009(テンポが遅い)
■ ウルボさん

こんばんはー

僕もまさかこんなバカ映画だとは思いませんでしたねぇ。
タイトル画面を見た時は、「あれ、中身違ってる?」と一瞬混乱してしまいました。
コリアン功夫は銅人ネタ多いですよね。本作の変人巷は、「銅人はもう古い!」とばかり更にアイデアを捻ったつもりなのか分かりませんが明らかにやり過ぎです(笑)
マイクさんはやっぱりジジイ役がしっくりきますね。
might URL 2009年04月28日 23:36:47 編集
初めまして!
ええと......お名前は何てお呼びすればよろしいのですか(笑)?
海外(アジア)で働いていた頃から、御サイトはわたしの友でした。
香港の『天映頻道』チャンネルや、アジアの深夜テレビ番組でのアクション映画放映が、たまらなく懐かしい感じです。
故テレサ・テンのBGMか何か街に聴きながら、点心の蒸し器の蒸気が上がり、漢方薬とジャスミン茶の香りが漂い、口の中は干し梅で酸っぱい、チャイナ・タウンのあの感じなんですよね~(意味不明)。
まさにアジアの面白味が凝縮された、アジアアクション映画は、混沌文化の醍醐味です。
以後もますます楽しませて下さい。
わたくし的には、映画のラスト・シーンで敵の首をねじり切り、怪鳥音と飛び蹴りのストップモーションでThe Endとなった(笑)、インドネシアのドラゴン俳優が忘れ難いです。
また、差出人と同名のブログもよろしくお願いします!

庖丁人・裏平 URL 2009年04月30日 22:16:50 編集
はじめまして
■ 庖丁人・裏平さん

どうも初めまして。
こんな辺境ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
海外で生活されていたのですか。海外生活にはずっと憧れています。
「アジアアクション映画は、混沌文化の醍醐味」というのは、本当にその通りですね。
ブログ、見に行かせて頂きますので宜しくお願いします。
might URL 2009年04月30日 23:33:18 編集

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。