スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

蛇形酔歩

 

蛇形酔歩/Snake Deadly Act/Snake Fist, Drunken Step
1980年作品




冒頭、闘いを始める唐偉成(ウィルソン・タン 上)と馮克安(フォン・ハックオン 下)。二人は蛇拳の兄弟弟子であったが、兄弟子の唐偉成が馮克安の妻をレイプした事から因縁が勃発。


実力者同士による素晴らしい功夫アクションが冒頭から堪能できるのが嬉しい


蛇拳同士激しい闘いを繰り広げるが実力では兄弟子の唐偉成が一枚上で、追い詰められる馮克安。しかし、なりふり構わぬ命乞いで唐偉成を油断させ逃走。いつの日か唐偉成とその一族を皆殺しにする事を心に誓うのだった。


続いて演舞オープニング

BGMもカッコ良く、大好きなオープニングの一つです


唐偉成vs馮克安、そしてカッコいい演舞オープニングと御馳走が二つも続き、僕の中では既にこの時点で良作認定♪


冒頭の対決から長い年月が経過し、町の有力者となった唐偉成は毎日貧しい人々に食べ物を配り、尊敬と感謝の念を集めていた。そんな中、町に現れたのが馮克安。復讐を目論む彼が目をつけたのは唐偉成の息子・呉昆龍だった・・


主演の呉昆龍。ちょっと華が無くスター性も感じないが、テコンドースタイルの足技を中心にした小気味良い功夫アクションは中々の物。主演作はこの作品のみ。


正義感が強く血の気も多い呉昆龍は行く先々でトラブルに巻き込まれる。娼館の女主人・茅瑛(アンジェラ・マオ)、賭博場のボス・陳惠敏(チャーリー・チャン)というゲスト出演のスター二人とそれぞれバトルを繰り広げるが歯が立たずその都度何処からともなく現れた馮克安に助けられる。やがて呉昆龍は馮克安に弟子入りし、厳しい修行が始まった。




この修行が超デンジャラス。馮克安が引くデカイ釘が敷き詰められた竹筒の間をジャンプして避けるというもの。死ぬ死ぬ!


一方その頃・・

行商人がロブスターに手を挟まれ怪我したのを見かけた唐偉成、それをヒントにロブスター拳を開発。

その唐偉成、本当の姿は町で猛威を振るう盗賊団の首領なのであった。盗賊団を追う息子に「私に逆らった者は皆死んだ。お前とて例外ではない!」(えぇ~!? )と言い放ち普通に襲い掛かる父。






出た!ロブスター拳。息子相手に出すかそれを・・


呉昆龍は蛇形酔歩で対抗


ロブスター拳の前に苦戦する呉昆龍の元へ、へ師匠である馮克安が助っ人に駆けつける。唐偉成を追い込んでいく呉昆龍と馮克安だったが、呉昆龍は実の父にとどめを刺す事が出来ない。瀕死の父を更に攻撃する馮克安を思わず止めに入る呉昆龍、ここで馮克安の本当の目的を知る事になる。冒頭のシーンで唐偉成とその一族を皆殺しにする事を誓った馮克安、息子の呉昆龍を手なずけ利用し親子同士で殺し合いをさせようとしていたのであった。怒りを爆発させた呉昆龍は馮克安に最後の戦いを挑んでいく。


個人的にはかなりハマる一本です。
変わったオチの作品で、最後主人公は実の父と師匠のどっちを選ぶのかという岐路に立たされるのだが、結局どっちに転んでも悪事に加担することになるというのがなんとも哀しい。この辺が後味悪く賛否分かれる部分だと思うが、アクションは文句の付けようがなく一級品。特に、スピーディーかつ切れ味抜群の功夫に加えアクロバットも軽々こなす唐偉成(監督・武術指導も担当)が素晴らしかったです。
2008年06月15日 | Comments(2) | Trackback(0) | 功夫
コメント
こんばんは~新ブログスタートですね!
楽しみにしてます!
また遊びに来させてもらいますね。

どのエントリーにコメントしようか迷ったんですが、
『蛇形酔歩』大好きなのでここにしました♪
李梨 URL 2009年01月29日 23:14:50 編集
■李梨さん

いらっしゃいませ~

ようやくスタート出来ました。
今度は放置せず続けていけるといいんですが(笑)
僕もまた遊びに行きますんで、今後とも宜しくです。

『蛇形酔歩』最近久々に観たんですが、やっぱり面白いですねー。
might URL 2009年01月29日 23:39:02 編集

管理者だけに表示する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。